介護福祉 On-line

介護福祉の課題を解決するブログです

【笑顔のレシピ】パーソナリティ障害の種類と症状、その改善策とは?

f:id:mamoruyo:20190417002525j:plain




最近よく聞く、パーソナリティ障害。

恋人の行動が、

どうしても理解できないとき、

職場で困った行動ばかりとる人・・・

もしかしたら、その人は、

パーソナリティ障害かも知れません。

 

2016年、知的障害者の施設で19人が殺害された事件。

殺人罪などに問われた元施設職員の男は、パーソナリティ障害と診断されています。

 

 

「パーソナリティ障害の正体」とは

 

女「あなたがいないと生きていけない」

  ずぅーっと一緒だよ」

男「僕もだよ」

女「大好き、愛してる」

(携帯が鳴る)

女「ちょっと携帯、だれ!」

男「会社の人だよ」

女「嘘つき!オンナでしょ」

男「おい、やめろよ」

女「バキッ(携帯を折る)

  裏切者ッ。絶対許さない!」

 

f:id:mamoruyo:20190402161939j:plain

 

ちょっとしたキッカケで突然、

態度が豹変したり、

暴言、暴力を働いたり・・・

こうした問題がある場合は、

パーソナリティ障害の可能性があり。

 

今回は、その特徴と診断、

解決法について紹介します。

 

 

 

 

目次

 

1.パーソナリティ障害とは

 

世界保健機構の精神疾患の診断基準

よるとパーソナリティ障害とは・・・

 

 「その人の属する文化から期待されるものより著しく偏った内的体験および行動の持続的パターンであり、

ほかの精神障害に由来しないもの」と定義されています。

 

 

学校や職場などにパーソナリティ障害の人がいると、周囲は困った状態に陥る可能性は高いです。

 

ただ「性格が悪いこと」を

意味するものではありません。

 

アメリカの研究によると、

なんと人口の15%の人が

パーソナリティ障害であると

報告されています。

 

どんなタイプの人たちなのでしょう。

 

 

f:id:mamoruyo:20190610164054j:plain

 

2.パーソナリティ障害の種類

 

パーソナリティ障害のタイプは、

主に3つに分類されています。

 

A群(奇妙、風変わりなタイプ)

B群(感情的、移り気なタイプ)

C群(不安で内向的なタイプ)。

 

最近、身近なケースとして

問題視されているのがB群。

とくに、若い女性に多く見られる

境界性パーソナリティ障害です。

 

f:id:mamoruyo:20190610164230j:plain



境界性パーソナリティ障害

 

 

境界性パーソナリティ障害は、

対人関係の不安定

衝動行為が特徴です。

 

「自殺未遂や自傷行為」を行うことがあり医療機関を受診するケースが最も多いそうです。

 

 

こうした境界性パーソナリティ障害の

患者に適用されている療法に、

弁証法的行動療法(dialectical behavior therapy:DBTがあります。

 

 

f:id:mamoruyo:20190610164319j:plain

 

3.弁証法的行動療法(DBT)とは

 

DBTは、「禅」を応用して開発したプログラムで、

自殺未遂を繰り返す患者に対し

効果を上げているそうです。

 

弁証法的行動療法(dialectical behavior therapy:DBT)は、ワシントン大学のLinehanが禅の原理を応用して開発したプログラムで、境界性人格障害(borderline personality disorder)の他、薬物依存、自殺未遂を繰り返す重症のうつ病患者などに実証的な効果を上げている。

 

 

4つのスキル・トレーニング

治療は以下の、

4つのスキル・トレーニング

構成されています。

 

  1. 「マインドフルネススキル」
  2. 「対人関係保持スキル」
  3. 「感情調節スキル」
  4. 「苦悩耐性スキル」

 

トレーニングで中心となるのは

マインドフルネスで、

その他のスキルはその応用として

位置づけられています。

 

 

 

f:id:mamoruyo:20190610164437j:plain

 

治療の期間は、

マインドフルネススキルの獲得に、

最初2~3週間

他のスキルは各8週間とされ、

基礎となるマインドフルネススキルは

トレーニング期間中、

毎週のセッションで

復習して修得します。

 

マインドフルネススキル

今ここで起きていることについて評価や判断を加えることなく,今ここに心と意識を集中すること。

苦痛が生じても抑制したり回避したりせず,また快適な状態についても長引かせようとしたりせず,出来事や感情,その他の反応に注意を払いながら,あるがままに受け入れるスキル

対人関係保持スキル

対人場面で相手が何を目的としているかを分析し,望んでいる変化を得る,人間関係を維持する,自尊心を保つ,などの円滑な方法を理解すること。

対人関係上の摩擦を起こす問題パターンに気づき,うまく対処するためのスキル

感情調節スキル

自分の感情的反応に対して,非批判的,非断定的な見方で観察し,抑制したり阻止したり気を逸らしたりしないで体験する。

また感じている感情と正反対の行動をとることにより,表現要素を変化させるなど,感情をコントロールするスキル

苦悩耐性スキル

苦痛や苦悩は人生の一部であり,避けたり取り除いたりすることは不可能であると受け入れること。苦痛のある状況を変えずにそのまま経験し,自分の考えや行動パターンを止めたり制御したりすることなく客観視するスキル

 

1回のセッションは2時間半で少人数(6~8人)のグループトレーニングが有効とされているが、治療形態や施設によってプログラムは自由に組み合わせることも可能である。毎回、参加者にはホームワークが課され、ホームワークの遂行状況を記したシートをもとに各セッションの最初にグループ全員で振り返りを行う。(Linehan,、1993)

 

 

4.ボールを使ったトレーニング

 

でも、もっと手軽な方法がありました!それが、ボールを使用したトレーニングです。

 

 

 

f:id:mamoruyo:20190610164612j:plain

やり方

  1. まず怒りが浮かんできたら、用意していたボールを握りしめる。
  2. 次に、掌(てのひら)の感覚を味わうようにする。
  3. カッときたら、ぐっと握りしめる。
  4. この感覚をずっと味わうようにする。

 

感覚の変化を感じ取る。

そして、そこで止めるようにする・・・

こうした、マインドフルネスの技法を繰り返して訓練していくわけです。

 

怒、怒、怒、怒、怒、怒

怒、怒、怒、怒、怒、怒

怒、怒、怒、怒、怒、怒

怒、怒、怒、怒、怒、怒

怒、怒、怒、怒、怒、怒

 

こうした衝動的な怒りの感情に襲われると、心は知らず知らずのうちに「怒り」の渦に支配されます。

 

そこに起こっていることを、

もう一人の自分が客観的に

見られるように、

DBTでは、「握る感覚」

利用しているようですね。

 

f:id:mamoruyo:20190610164710j:plain

 

 

5.まとめ

 

怒りの感情に呑み込まれるのは、

やばいです。

だから、ボクは怒りません。

ワンコがいたずらをしたって・・・

 

あ!

オシッコはしやがった。

コラあっ!!

 

あー、まだまだ修行が足りません。