介護福祉 On-line

介護福祉の課題を解決するブログです

おっさん介護士が、グループホームで料理に挑戦したってよ。

 

f:id:mamoruyo:20190326162426j:plain



 

 

介護パフォーマーのサトシです。

 

ボクは未経験で

介護職員初任者研修

資格を取得して、

現在、グループホームで週二回、

派遣介護士として働いています。

 

ボクが働くグループホームは、

認知症高齢者が共同生活をする施設でして1ユニット9人の利用者がいます。

 

f:id:mamoruyo:20190611161021j:plain

 基本、ボクは遅番が多いのですが、

そこでの重要な仕事が夕飯作りです。

 

入居者さん9人分をひとりで作ります。

しかも介護の現場では、

入居者さん一人一人の状態によって

食事や飲み物も工夫します。

 

例えば、ごはんを出すにしても

Aさん、普通に食べられる

Bさん、飲み込みが困難

Cさん、一般的な食事ができない

などそれぞれです。

 

f:id:mamoruyo:20190611164711j:plain

 

そのため、

Aさんには、フツーのごはん

Bさんには、おかゆ

Cさんには、エンシュア(経腸成分栄養剤)など状態に応じて提供します。

 

覚えるまで大変でした(汗)

 

ボクが働きだした頃、

夕食は宅配サービスを使っていたので、

まだラクだったのですが・・・・

ある日のこと。

 

リーダー「来週から夕飯、スタッフが手作りでお願いしまーす」

ボク  「ほげ!?」

リーダー「料理できますよね?」

ボク  「・・・(無言)」

リーダー「大丈夫、ですよね!?」

ボク「・・・(震える)

リーダー「ヨロシクでーす(立ち去る)」

 

 

f:id:mamoruyo:20190611165645j:plain

 

オイオイちょっとまて。

これまで家事をしたことないのに、

メチャクチャ、

ハードル高いやん!

てか、

夕飯は配食サービス

だけって言ってたやん

 

そんな心の声は出せるはずなく

しゃあない、

初の夕食作りに挑戦したるわい!

 

 

 

 

目次

 

簡単でボリューミーで喜ばれる料理は何だ?

 

「まず、メニューを何にするかだな」

 

勤務前夜、自宅で頭を抱えました

なにせ9人分です。

簡単でボリュームがあって、

しかも、お年寄りが喜ぶ料理・・・

 

丼ものしかねえ・・・。

 

f:id:mamoruyo:20190611170106j:plain

 

 

冷蔵庫に鶏肉発見!

でも、これどうやって作ればいいんだ?

悶々としていたら、閃いた!

 

 

そうだ

クックパッドだ

 

便利だよねぇ~、クックパッド。

介護食のレシピだけで、

1056品もある。

 

早速、親子丼を検索。

 

すると、レシピがでてきたぜッ★

 

材料 (丼一人前(かっこ()内は半量です。))
 
1合(0.5合)
大さじ3(大さじ1.5)
150g(75cc)
鶏肉
1枚250g(125g)
2個(1個)
玉葱(無ければ好きな野菜)
1/2個(野菜好きなだけ)
愛情
少しだけ

                             

 

レシピと作り方はオッケー。

でも・・・

 

「めんどくせー」

 

 

f:id:mamoruyo:20190611171937j:plain

 

しかし、やるしかねえ。

 

あしたのために、

自宅で練習することに。

ホントに作れんのかオレ。。。。。

 

 

 

介護の料理に四苦八苦

 

施設にいる高齢者の楽しみは、

ヤッパリ「食事」です。

 

介護食を作るときは、

いくつかの注意点があります。

高齢者は唾液の分泌量が低下します

 

そのため口に食べ物を運んだ時に、

水分を吸収してしまうのはたべにくい。

 

じゃあ水分が多けりゃいいのか・・・

というとこれもビミョーでして。

水分が多すぎると

むせ込みの原因にもなります。

 

しかし今はそんな理屈はいい。

 

とにかく親子丼だ。

 

 

f:id:mamoruyo:20190417174322j:plain

 

(鶏肉と玉ねぎ、卵はある。あとは水をめんつゆで薄めりゃいいんだな)

 

独り言をいいながら、やってみる。

順調だ。

意外と楽しいぞ。

 

そして最後は・・・

 

火を止めて溶き卵をまわしていれる

 

 完成である。

 

うまいッ。

 

もしかして、

未来のMOCO’Sキッチン

なれるかもしれない。

 

f:id:mamoruyo:20190611180007j:plain




初の夕食調理!認知症のお年寄りの反応は?

 

自宅での特訓を試すときがきた!

 

夕食の基本は

一汁山菜(いちじゅうさんさい)です。

 

  1. 主食(ごはん・パン・麺など)
  2. 汁物
  3. 主菜(魚・肉・卵・大豆など)
  4. 副菜・副副菜(野菜・きのこ・海藻・いもなど)

 

介護士として働くまでそんなこと・・・

 

まったく意識していませんでした

 

 

f:id:mamoruyo:20190611181226j:plain

 

 

しかし料理と格闘する中で、

少しづつ食事の重要さを知りました。

 

(ああ、なんて成長しているんだオレ)

 

 

 

 

f:id:mamoruyo:20190611181552j:plain

しか~~し!

いきなり一汁三菜をすべて作るのは

ムリムリ。

 

ボクはリーダーに、

「主菜(親子丼)は作りますが、

副菜・副副菜は配食サービスを

使わせてください」と泣きつく。

すると・・・

 

「いいわよ」

 

あっさりOK

優しいところがあるじゃん。

 

f:id:mamoruyo:20190605183835j:plain

 

 

よし食材と格闘だ!

 

 

調理すること

1時間25分・・・

 

 

ついに、

親子丼、完成!!!

 

 

リビングでオレの様子を見ていた

お婆ちゃんたちも嬉しそうで、

こんな声が聞こえてきた。

 

「美味しそうな匂いがするネエ~」

「楽しみだネエ~」

「オイシイのがでてくるよお」

 

 

f:id:mamoruyo:20190611181836j:plain

最後の仕上げ

 

よし、料理もできた!

あとは利用者さんに合わせて

食べやすいように仕上げだ

 

野菜や肉には切りこみを入れて、

飲み込みが難しい利用者の味噌汁には、

とろみをつけて、と。

 

 

「おなかがすいたよぉ」

 

認知症のオバアチャンが、

タイミングよく声を上げた。

 

 

オイシイの作ったで!

 

さあ食べてくれっ。

 

 

「いただきまーす」

 

食事介助しながら、

オバアチャンをみると

 みな、無口だ・・・

 

味はどうなん??

 

おしゃべりなオバアチャンに

感想を聞く。

すると・・・

 

「おいしいよぉ~~ありがとね」

 

やった成功したぞ!

 

んん

んんん??

 

 

 

なんだなんだ。

ずいぶん食べ残してるよ、

オバアチャン食べないの?

 

 

「お腹いっぱいや。もういい」

 

 

 

 

くそう。

次こそは

美味いもん

食わしたるぞお。

 

 まっててな!!

 

【リッチマン介護】介護士人生で後悔しない!安心の介護求人!