介護福祉 On-line

介護福祉の課題を解決するブログです

ゲーム機バキバキあり?高嶋ちさ子に学ぶ【おっさん介護メンタル】の鍛え方

 

歯に衣着せぬ強烈な物言いで人気の、

バイオリニストの高嶋ちさ子さん。

いまやテレビ番組やイベントにも引っ張りだこ。

 

f:id:mamoruyo:20190315164253j:plain



さらには、本業であるクラッシックのコンサート

年間100本近くこなす高嶋さんが、

先日、1年ぶりにブログを更新して、

衝撃的な「仕事セーブ宣言」をしました。

 

「仕事はセーブさせていただきます。それで干されてもいいです」

「今後、平日のお仕事は子供が帰宅する時間までに終わるものしか絶対にお引き受けしません」

「このままだと息子に干されそうなので」

 (引用元:高嶋ちさ子ブログより)

 

 

 

f:id:mamoruyo:20190612170905j:plain

 

 

人気が高まる中で、仕事よりも息子さんとの時間を確保するために、

「仕事セーブ」宣言をした高嶋さん。

その生き方を探るとおっさん介護士活用できる、

メンタルの鍛え方が見えてきました。

 

 

 

 

目次

 

1.媚びないブレない姿勢

6歳からバイオリンを始めた高嶋さん。

大学院を卒業後は、海外のオーケストラを経て1995年にCDデビューします。

バイオリニストとしても多才な活動を広げる中、テレビでは、大物タレントにも遠慮することなく本音でズバリと語る姿が認知されて「ブレイク」します。

 

f:id:mamoruyo:20190612172838j:plain

 

 

介護現場でも、

初心者のおっさん介護士センパイ

目を気にしたり、

強烈キャラのおばさん介護士の目を気にしてしまいます。

 

しかし介護サバイバルを生き抜くには、

高嶋ちさこ流「媚びない」「ブレない姿勢」は大事です。

 

 

f:id:mamoruyo:20190612173740j:plain

 

 

しかし初心者の頃は「ブレない」「媚びない」姿勢を貫くのは難しいです。

 

ボクも2か月目頃にリーダーから、

「ちょっと!またいちから教えるの」

「そのやり方だったっけ?」

「仕事が遅いッ!」などなど、

 

叱咤激励されて凹み、キャリアも役に立たず自己嫌悪でストレスがたまることが多かったです。

 

だいたい1か月目は甘く見てもらえるけど、2か月目になるとお客様扱いじゃなくなるしね。

 

 

f:id:mamoruyo:20190612175244j:plain

 

そのときベテランの男性介護士から、

「一日にひとつだけ目標を決めましょう」アドバイスを受けました。

 

例えば、

「今日は移乗をうまくできるようにする」

「食事介助をスムーズに行う」などです。

 

f:id:mamoruyo:20190611181552j:plain

 

小さなことでも結果を出すことができれば、自信になります。

そして認められるようになると、

媚びる必要はなくなり、

これまでの生き方を

ブレずに貫くことができます。

 

 

 

f:id:mamoruyo:20190612180918j:plain

 

 

2.批判を恐れない

 

高嶋さんの知名度とキャラクターを

一気に印象付けたのが、

 

「子どものゲーム機バリバリ事件」

 

「平日はやっちゃいけないと言ってあったDSをやっていたので取り上げてぶっ壊しました」

  (引用元:高嶋ちさ子ブログより)

 

イマドキここまでの行動ができる母親は、少ないのではないでしょうか?

当初は批判も殺到しましたが、

次第に世間の評価が好印象に変わっていった背景には高嶋ちさ子さんの

「批判を恐れない姿勢」がありました。

 

介護の現場では

利用者さんの性格や状態も違うし、

学校で学んだ事が通じないことの方が多いです

 

でも、いざという場面で悩んだときは、

批判を恐れない発言も大事です!

 

とかく介護施設では、

長年の風習やルールがあり、

間違っていることでも

「言いずらい雰囲気」があります。

 

 

社員やベテラン介護士のやり方に疑問や不満を抱いても角が立つのを恐れて

スルーすることも多いです。

 

まあ、

これはどの仕事でも同じですけどね(苦笑)

 

f:id:mamoruyo:20190612185132j:plain

 

しかしおっさん介護士の大きな武器は、

「女性ではない」ことです。

 

 

介護業界はまだまだ女性社会なので、

男性介護士が恐れずに発言しても

案外、大目に見てくれる事があります。

 

実は、ボクも恐れずに発言したことがあり嫌な空気が流れましたが、

その後、尾を引くこともなく

丸く収まったりしました。

 

f:id:mamoruyo:20190612193655j:plain

 

あと発言するときは、

男性が得意な根回しも

有効かもしれません(笑)

 

 

 

3.家族愛

高嶋さんは30歳で結婚し

2人の男の子をもうけます。

子供ができてからの生活はハードで、

コンサートの合間に授乳したりもしていたそうです。

 

子育てと演奏活動の両立・・・

 

その大変さは介護士も同じです。

 

f:id:mamoruyo:20190611161021j:plain

 

 

子育て同様、高齢者の介護はまさに

命がかかっています

 

高嶋さんは、

今回「仕事セーブ宣言」した

理由について

こう語っています。

 

「まだまだ可愛い息子が、この1か月ア荒れに荒れています。

一緒にいればわかること、

できることが何もできていなくて、

本当に可哀想な思いをさせています」

 (引用元:高嶋ちさ子ブログ)

 

 

愛する家族。

 

その家族を介護士ケアし、

守り、豊かな老後を過ごしてもらう。

 

 介護現場で働く意義を、

明確に持っている介護士は強いです。

 

 

まとめ

 

おっさん介護士にとって

「媚びずにブレずに信念を曲げず」

生きれば批判されたり、

叩かれたりもします。

 

f:id:mamoruyo:20190612194438j:plain

 

でも気にしない鈍感力は大事です

だんだんと成果を出せば、

周囲は認めてくれます。

 

これまでのキャリアを活かしながら

時間をかけて困難を乗り越えることで、

メンタルの幹は太くなると思うのです

 

第二の人生楽しみながら

人間として成長していきたいですね。

 

 

ConoHa WING(コノハウィング)