介護福祉オンライン早稲田

介護福祉の課題を解決するWebマガジンです。

ペットと入居できる特別養護老人ホームの3つのメリット

f:id:mamoruyo:20190911211159j:plain

 

『エレクトーレ フェイストリートメント』 至極の10秒間で 潤い透明肌

ペットと一緒に暮らしたい!

 

シニアの夢を叶えてくれる高齢者施設が増えています。こうした需要を受けてペットと暮らせる民間の老人ホームも急激に増えていて、ここ1年の間で2倍程度になりました。

マスコミでは、ペットと共に暮らせる特別養護老人ホーム、「さくらの里 山科」が取り上げられています。どのくらい人気かと調べたら、さくらの里には、県外からも問い合わせの電話が殺到し、現在は満員状態です!!なぜ、さくらの里がこれほど注目されるのでしょう。

 結論から言うと、特別養護老人ホーム(特養)と民間の老人ホームの違いがあります。特養は地方公共団体や社会福祉法人が運営しているので費用は安い。一方、民間の老人ホームは自由度はあるが費用は比較的、高め。

 

「さくらの里」は、特養なので、そこが珍しくて話題になっているのかもしれませんね。そしてさらに調べると、ペットと高齢者がともに暮らすことで3つのメリットがありました!

 

 

目次

 

メリット① 認知症の改善に期待できる!?

 

特養「さくらの里 山科」では、2012年4月からペット共存型の施設運営をしています。看板犬とか、セラピー犬などの動物を飼っている施設はありますが、ペットと一緒に暮らせる施設は、日本ではまだ少ないです。

 

ペット・犬、猫の環境とは

 

「さくらの里」は4階建てで、個別ユニット型。1ユニットは10の完全個室と共有スペースで構成されています。ショートステイ用のユニットも2つあり定員は120人。要介護3以上の高齢者が中心です。

 

特養は所得に応じた費用の減免制度もあり、24時間の介護が受けられます。施設では2階部分がペット専用のフロアで、ワンちゃんと生活できるユニットが2つ、ネコと生活できるユニットが2つ用意されています。

 

奇跡のストーリー

 

こんなドラマがあったそうです。主人公は、愛犬のプードルと入居した70代の女性。認知症の「初期」と診断された女性は、入所から1年後に大腿部を複雑骨折します。

その後、治療のため病院に移り、愛犬と離れ離れになります。しばらくして、女性は退院。施設に戻ったのですが愛犬を忘れてしまうほど、認知症は進んでいました。

 

しかし愛犬は飼い主が自分を忘れたとは知らずに、毎日、昔のようにじゃれ続けました。女性が忘れても、一方的に・・・。そして退院から半年後、奇跡が起こります。いつものように愛犬が女性の手や顔を舐めていると、彼女の口から愛犬の名前がこぼれたのです。

 

幸せホルモンの効果!

 

なぜ認知症の女性が愛犬の名前を思い出せたのか?科学的な裏付けとされるのが、

幸せホルモンと呼ばれる「オキシトシン」の存在です。

 

オキシトシンは母親が子供と触れ合うときに分泌されるホルモンで、ストレスを軽減し、多幸感を与えてくれます。その幸せホルモン「オキシトシン」は、ペットと見つめあっていると、通常の3倍に増えるそうなんです!!認知症が進んだ女性が起こした奇跡には、この「オキトシン」が関係しているのではないかと専門家はみています。

 

小児医療の現場でもワンちゃんは活躍してますよね。これらは「ファシリティドッグ」と呼ばれて病院に常駐しています。そして入院生活でストレスを抱えている子供たちに寄り添いながら闘病生活を支えています。

 

海外の認知度は高く、教育機関でも活躍しているファシリティドッグですが日本に導入している病院は少ないです。ペットの癒しの効果について、残念ながら日本はまだ遅れています。

 

www.osp.tokyo

 

『エレクトーレ フェイストリートメント』 至極の10秒間で 潤い透明肌

 

メリット② 生活の質QOLが高まる

 

f:id:mamoruyo:20190914214635j:plain

 

介護施設は、利用者の「QOL」(Quality Of Life=生活の質)を向上させる場所でもあります。介護といえば、食事、入浴、排せつの三大介助がメインと言われますが、人生100年時代が進む中、ニーズも多様化しています。

 ペットは、生活の質を高めるのにも、一役かってくれます。

 

「ペットで不眠症改善」

 

ある認知症の80代の女性は毎晩、悪夢にうなされていました。夜になると怖い夢で起きてしまうので女性はだんだん眠れなくなり、不眠症に苦しみます。

そんな女性を救ったのは、ワンちゃんでした。スタッフが、一緒に寝させると女性は安心したのか、心が落ち着き不眠症は改善したそうです。

 

「リハビリの救世主」

 

一方、81歳の女性は、原因不明の難病を患っていました。ほぼ寝たきりで言葉を発するのも厳しい状況……そんな彼女を救ってくれたのもペットでした。

 

日に日に症状が進む女性を傍でずっと見てきた愛犬。ある日、愛犬がベッドに上がると、女性に変化が起こります。普通では身動きのできない女性の手の先が動き出し、愛犬を探り始めたのです。 愛犬が飼い主の方へ体を動かすと女性は優しくなで続けたそうです。

 

ペット・犬や猫は、高齢者の心やカラダのケアもしてくれる究極の救世主なのかも知れません。

 

 

www.osp.tokyo

 

メリット③ 人手不足解消!

 

ペットとともに暮らせる介護施設では、人材募集をした際に職員が集まりやすいそうです。ペットのお世話などで職員の負担が多くなるので敬遠されると思いがちですが逆に「それでもいいから働きたい」というスタッフが集まってくるのだとか。

 

 

f:id:mamoruyo:20190914215310j:plain

 

最後の瞬間までともに歩みたいペット。ただ飼い主が愛するペットを置いて先に亡くなったらどうなるのでしょう?

 

「さくらの里 山科」では、親族の元に引き取られるケースと施設で暮らし続けるケースがあるそうです。施設で育てる場合、エサ代や医療費などは親族が負担し続けなければなりません。そうした事態も想定して、亡くなる前にしっかりと考え、周囲の人と話し合っておく必要がありそうですね。

 

ちなみに最近では「ペット信託」というサービスもあるそうなのでチェックしておくのも良いかもしれません。

 

まとめ

 

最近は行政の意識も変化しているので、ペットと暮らせる施設は増えそうです。また今後、介護が必要になるのは団塊の世代のシニアです。この世代はペットと暮らすことが当たり前だったので、「ペットと暮らしたい」というニーズはますます高まりそうですね^_^

長文、読んでいただき、ありがとうございます!!