介護福祉 On-line

介護福祉の課題を解決するWebマガジンです

【独自】人生100年の稼ぎ方とは?シノケン、不動産投資セミナー体験取材しました

f:id:mamoruyo:20190927162556j:plain

 

「老後破綻」・・・・

 

人生100年時代が叫ばれる中、

国内では、明るい未来を描くどころか、

目を覆いたくなるような

情報ばかりが飛び交っています。

 

「年金生活、受給額は少なく貯金を切り崩すことに」

「定年後、働きたくても職がない! 」

「老人ホームにも高くては入れない……」

 

シニア世代からは失望や怒りの声が聞こえてきます。

 

人生100年時代とは幸せなのか、

不幸なのか?

長生きは得なのか損なのか?

 

ケアワーカーとして働いていると

自問自答したくなる局面があります。

 

しかし、人は生きる。

人生100年時代を生き抜くために

今できる資産形成はなんなのか?

 

そんな時に発見したのが不動産投資会社、シノケンハーモニー(以下:シノケン)のセミナーでした。

 

 

不動産投資は本当に成功するの?

 

石橋を叩いてもなかなか渡らない、

慎重で臆病な性格の筆者ですが、

「何も手を打たないままでいいのか?」

という気持ちもあります。

 

まずは行動してみよう!

 

ということで、シノケンが開催した

セミナーに潜入してきました。

 

 

目次

 

人生100年時代を生き抜く準備とリスク

 

f:id:mamoruyo:20191004182827j:plain

 

まず驚いたのはセミナーが

開催される場所。

 

上場企業であるから

当然かもしれませんが

都心の一等地の

高層ビル内に居を構えています。

 

受付けには、担当者の方々が並び、

会場まで親切丁寧に案内してくれます。

 

失敗しない不動産投資セミナー

 

ドリンクサービスもあり、

喉を潤した後は第一部がスタート。

 

テーマは

「失敗しない不動産投資セミナー」

 

講師はシノケン社員が担当します。

 

まずショックを受けたのは、

生涯でどのくらいお金がかかるのか、

現実的なデータに基づく解説でした。

 

例えば・・・

 

・一人当たり子育て費用は2929万円~4899万円! 

 

・結婚・出産・子育て費用は

    約3448万円~5418万円!!

 

・主なライフイベントの合計金額は

 約6788万円~9688万円!!!

 

そう、生きるには

「お金」がかかるんです(涙)

 

f:id:mamoruyo:20190929154502j:plain

 

 老後の生活資金、なんと〇〇〇〇万円!!

 

セミナーでは、

モデルケースも紹介してくれます。

 

例えば年収600万円の人が60歳で

定年退職して80歳まで生きた場合、

いくら必要だと思います??

 

せっかくなので

クイズ形式でいきましょうか?

 

  1. 3000万円
  2. 5000万円
  3. 7000万円

 

さあ、どうでしょう?

 

答えは・・・・

 

③番。

 

6954万円。

 

 

ヤッター!

筆者は完全なる

「負け組」でーす\(^_^)/!

 

ちなみにこれは退職金がない場合で、

退職金がある人は

4580万円~4907万円だそうです。

 

じっと、手を見る・・・

 

しかも2030年には、

高齢者を現役世代2人で支える

信じられない時代がやってきます。

 

年金だってもらえるのかどうか?

現役世代がボイコットしたら、

人生100年時代は乗り切れません。

 

 

働く年金世代が急増している理由

 

f:id:mamoruyo:20190927180433j:plain



しかもです。

65歳以上の平均医療費は1か月当たり、6万円。(出典:厚労省)

 

介護費用が嵩めば、

もっとお金は必要になります。

 

居宅サービスの1か月当たり利用限度額

  • 要支援1  50,030 円
  • 要支援2  104,730 円
  • 要介護1  166,920 円
  • 要介護2  196,160 
  • 要介護3  269,310 円
  • 要介護4  308,060 円
  • 要介護5  360,650 円    

 

このうち利用者は1割~2割負担ですが介護度が上がると家計は厳しいです。

 

多床室を利用した場合は約10万円。

グループホームなどのユニット型個室を

利用した場合は約14万円かかります。

 

しかも葬儀費用は、

全国平均で約240万円。

 

こうした説明を受けると、

老後破綻はヒタヒタと

筆者にも忍び寄っています。

 

「まあ、そん時はそん時か!」

 

開き直りです。

それか現実逃避しかありません。

 

(ダメダメ!)

 

もう一人の自分が現実に引き戻します。

じゃあ、どうすんの?

 

 

資産3分法とは?

 

f:id:mamoruyo:20190515143847j:plain


今回のセミナーで印象深かったのが、

「資産3分法」です。

 

資産3分法とは、異なる資産を分散して

保有すること。

 

①現金

②有価証券

③不動産

 

ですね。

 

現金は換金性や流動性が高く安全です。

有価証券は収益性は高いけどリスクは高い。不動産はインフレ対策に最適。

 

この3つを柱にして、

資産運用すると良いらしいのです。

 

今回のセミナーで学ぶのは、

その1つである不動産投資。

現物資産を所有することです。

 

筆者は、こんな未来を想像しました。

 

オレ「都内でマンション貸しててさあ」

友人「ほお」

オレ「家賃収入で老後も安心さ」

友人「ほおおおお」

 

どうです?

バブルの匂いがプンプンしますが、

オーナーという響きもいい。

毎月の賃料収入が入ってくるのは

安心感につながります。

 

でも。

 

でもね!

 

素人が不動産投資して失敗しないの!?

 

ヤッパリ、気になりますよね?

担当者にいろいろ聞いてみました。

 

 

不動産投資、成功と失敗の分岐点とは?

 

f:id:mamoruyo:20190927183036j:plain

 

シノケンでは、失敗しないマンション投資には3つの条件があると教えてくれました。

 

①不動産業者選び

 保証やサポートが不十分な不動産業者とパートナーを組むと、

「精神的」「金銭的」「肉体的」に

ストレスがたまります。

 

良い不動産業者を選べば失敗のリスクは軽減します。そのためには

「会社の規模」「提携の金融」

「販売形態」「保証・サポート」を

チェックすることが必要とのこと。

 

②物件選び

物件選びで重要視するのは、

エリアです。

人口動向や今後の需要、

資産価値が高い立地の

物件を選ぶことが大事です。

 

また中古物件の場合は、購入後の

リフォーム費用や大規模修繕費など、

「見えないランニングコスト」がかかります。

 

ここら辺は専門家のアドバイスを聞かないと正直、分からないですね。

 

③投資時期

投資にはタイミングが重要です。

これは素人の筆者にも分かります。

 

今でしょ!と言われればそうだし。

まだでしょ!かもしれないし。

 

今回のセミナーでは深いところまでは

説明がありませんでしたが、一歩進むならプロから詳しく話が訊きたい。

 

不動産業界の動きもそうですし、

税法の改正の最新情報なども

投資時期には関わってきます。

 

「急いては事を仕損じる」ので、

ここらへんしっかり勉強したいです。

 

 

まとめ

 

f:id:mamoruyo:20190929152800j:plain


人生100年時代では老後破綻など暗い未来のニュースも飛び交っています。

 

幸せな人生を過ごすために、

今から資産形成について考えるのは、

悪いことではありません。

 

でも「投資」という言葉には、

若干、ビビる自分もいます。

 

実際に不動産投資をするかどうかは、

一旦、置いといたとしても、

専門家の話を聞くと

新たな発見がありました。

 

特にマンション投資では、

不動産業者選び物件選び

投資時期が失敗しないための

重要ポイントである事が分かりました。

 

老後に不安を抱えて過ごすより、

まずは「行動」してみる!

すると解決のヒントが見えてきます。

 

それにしても、

今回、最も痛感したのは、

自分の「勉強不足」でした。

 

もっと老後資金について

真剣に考えねば・・・!

 

今回、取材したセミナーがこちら。

上場企業で安心感もありました。

初心者にも丁寧に教えてくれました。

しかもタダだし(大事)!

 



長文、読んでいただき、

ありがとうございます!!