介護福祉 On-line

介護福祉の課題を解決するWebマガジンです

認知症保険ってホントに必要?生命保険の商品を比較まとめ

f:id:mamoruyo:20190927180433j:plain

 

 

「認知症の保険」って必要なんでしょうか??

 

今、各保険会社は「認知症」に備えた

商品や特約を相次いで登場させています。

 

その背景には、シニアの資産を管理する信託商品や、事故などの際に賠償金を賄う保険など、家族の金銭的負担をカバーする保険を求める声が年々、強まっていることがあります。

 

少し未来を見ると、

2025年には65歳以上の高齢者の5人に

1人が認知症になると言われています。

 

また、2030年には、

認知症患者が保有する金融資産は、

 200兆円に達すると試算されています。*1

 

認知症を発症すると、

金融商品の多くは契約できませんし、

資金も引き出せません。

 

なにやら得体のしれない「認知症」への不安や恐怖・・・

 

こうした事情が認知症保険の人気へと

繋がっていそうですが、

そもそも自分や家族のライフスタイルにふさわしい認知症保険てあるの?

 

 

 

目次

 

「認知症保険」の加入前に知っておくこと

 

若いうちに加入して現金給付を受けられるのが「認知症保険」のメリットです。

 でもバリエーションも豊富になってきており「どれに加入すると良いの」と迷います。

 

そもそも忘れてならないのは、

認知症は全ての高齢者がなるわけではない!!

ということ。

 

当初の保険料を低く抑えていても、

毎月の保険料は数十年に渡り、

支払い続けなけらばなりません。

 

現役時代はお金に余裕があったとしても

定年後や年金だけの生活になったとき、

家計を圧迫することもあるしなあ。

 

ましてや「認知症保険」の多くには、

解約払戻金がないんです。

だからこそ慎重に検討すべきです。

  

でも・・・

保険の内容は正直、ムズイ。

 

公的介護保険の不足分を

どのように補填するのか?

一時金がいくらで、

介護年金が何年支払われるのか?

商品別に計算してメリット・デメリットを導きだすのも面倒くさい。

 

ここではもっと簡単に

認知症保険についてまとめてみます。

(ていうか、それしかできん!)

 

認知症保険とは

そもそも認知症保険とは何なのか?

関係書類によると・・・

 

認知症に特化した保障性商品で、

介護保険の一種。

 

 介護保険の一種?

 

介護保険でも要介護状態などの

要件を満たせば、

認知症もカバーしてくれます。

 

つまり、介護保険に入っていれば、

あえて認知症保険に加入する

必要はないのでは。

 

認知症保険のタイプは

二つに大別できます。

 

ひとつは、各社が設定する「認知症」と

診断された場合、一時金や年金が受け取れる「治療保障」タイプ。(生命保険会社)

 

ふたつめは、認知症患者が第三者に損害を与えたり、ケガをした場合の費用を補填する「損害補償」タイプです。(損害保険会社)

 

f:id:mamoruyo:20191006213641j:plain

 

認知症保険を選ぶ3つのポイント

 

認知症の症状は人によって、様々です。

 

現場で働いていても、

誰一人、同じ症状はありません。

グループホームの利用者さんの

特徴を把握するには時間がかかります。

 

経験から言えば、

認知症がひどくて施設に入る場合は、

入所費用などに充てられる

「一時金型」がありがたいです。

 

また、自宅で介護を受ける場合は

定期的に支給される

「年金型」がおすすめです。

 

ただし、発症しても

保険会社が定めている

症状が続かないと保険金が支給されない

タイプがあるので注意しましょう!

 

 

生命保険会社の認知症保険を比較

f:id:mamoruyo:20191006213910j:plain


 

認知症保険とGoogleで検索するとどわっと上部に生命保険会社の

【公式】認知症保険が出てきます。

 

ここでは、それぞれの特長や内容を各広告サイトを見ながらザックリまとめてみました。

 

第一生命「認知症保険」

 

契約年齢は40~85歳。

3つの安心で不安に備える。

①要介護状態に一時金

②予防から保険金の受取をサポート

③持病があっても入りやすい

 

 

第一生命は、特別に高齢者層に特化した戦略を掲げているわけではないようです。

専門機関・大学・ベンチャー企業等との共同研究・業務提携の内容から全世代を対象に「お客さまへの健康という付加価値を提供する取組み」を強化している印象であり、高齢者向けには各種サービス提供等を行うとともに、人生100年時代を見据えた商品開発を行っています。

 


認知症保険を健康増進型保険「ジャスト」のラインナップとして提供し、付帯サービスのスマホアプリの名称も既存の「健康第一」として統一していることから、注力している「健康・予防」への取組みの一環として、認知症予防を訴求した商品を提供していると推察される。なお、認知症保険の販売実績は、2018年12月18日の発売後、2019年2月8日までに申込件数ベースで5万件突破と好調である。

*2

 

 

SOMPOひまわり生命「笑顔をまもる認知症」

 

キャッチコピー

「軽度認知障害・認知症に対する保障であなたと家族をサポート」

「骨折治療や不慮の事故・所定の感染症による万が一の保障も確保」

 

特徴

①簡単な告知で申し込み

②初めて軽度認知障害・認知症と医師により診断確定された場合、軽度認知障害一時 金・認知症一時金を受け取れます。(限定告知認知症一時金特約)

③骨折をしたと医師により診断され、その骨折に対して初めて治療を受けた場合、骨折治療給付金を受け取れる。

④不慮の事故または所定の感染症により死亡された場合、災害死亡給付金を受け取れる。

⑤オプション

要介護1以上と認定された場合などに介護一時金を受け取れます。

要介護3以上と認定された場合などに介護年金を終身にわたり受け取れます。

 

 

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命では、SOMPOホールディングス社を中心SOMPOグループ全体で認知症への対応方針を明確に打ち出し、2018年度に「SOMPO認知症サポートプログラム活動」を始動している。

 同社作成の「SDGsブックレット2018」によれば、当プログラムの取組みの1つに「商品・サービスの開発および提供」を掲げ、「リンククロス笑顔をまもる認知症保険」の発売と同時期に損保ジャパン日本興亜が介護離職防止を目的とした「親子のちから8」を発売した。

 両商品共通の付帯サービスとして、認知機能チェックから予防・介護までを一貫してサポートする「認知症サポート『SOMPO笑顔倶楽部』」の提供を開始している。グループ内にフルラインの介護サービスを提供できる介護事業大手のSOMPOケア社を有している強みに加え9、グループ全体で介護・認知症分野での専門機関・大学・ベンチャー企業等との共同研究・業務提携を進めており、今後の商品開発・サービス提供に加え、SOMPOケア社の事業運営面に活かされると考える。*3

 

 

 

太陽生命「ひまわり認知症予防保険」 

 

①加入1年後から、2年ごとに、認知症予防にも活用できる「予防給付金」を受け取れます!(選択緩和型認知症診断保険に生存給付金特則を付加した場合)

②予防給付金を活用して「認知症予防サービス」を利用できます。

③認知症をダブルの保険金で保障!
選択緩和型認知症診断保険と選択緩和型認知症治療保険を両方指定のとき。

④ご希望に合わせてひまわり認知症予防保険(選択緩和型認知症診断保険)に、色々な保障を上乗せできます。

⑤健康に自信のない方でもご加入可能

 

 

太陽生命は、2014年度から「シニアのお客様に最もやさしい保険会社になる。シニアマーケットのトップブランドを目指す。」ことを掲げ、介護・認知症分野に限らず、高齢化(長生きリスク)に対応した商品開発に力を入れています。

 

シニアの顧客が安心・便利に各種手続ができるよう、専門知識を有する内務員が直接訪問してサポートする「かけつけ隊サービス」など、高齢者目線に立った独自サービス提供を行い、多くの高齢者が利用している。認知症分野において、専門機関・大学・ベンチャー企業等と連携し、当社が保有するデータを活用した共同研究にも取り組ん
でおり、今後の商品開発・サービス提供に活かされると考える。

*4

 

朝日生命「あんしん介護認知症保険」

 

①認知症専用の介護保険!
通常の介護と比べ、身体的・精神的・経済的に負担の大きい認知症に特化して保障する商品です。認知症介護の場合に発生する追加の費用負担に備えることができます。


②公的基準に連動した支払事由!
公的基準(「公的介護保険制度」および「認知症高齢者の日常生活自立度判定基準」)に連動したわかりやすい支払事由です。


③要介護1以上の認定で保険料払込免除!
所定の認知症に該当しない場合でも、公的介護保険制度の要介護1以上に認定されると以後の保険料の払込みが免除になります。


④受取タイプは2種類!
お客様のニーズに合わせ、年金タイプ・一時金タイプを選択することができます。(両方ご加入いただくこともできます。)

 

経営戦略目標として「介護保険の保有契約件数業界No.1」を掲げています。

2018~2020年度の新中期経営計画のなかでも「『介護保険といえば朝日生命』という存在感の発揮」を掲げ、シニアマーケットでの確固たる地位を構築し、その強みを活かしてお客様の拡大を図るべく取り組んでいます。


2016年4月発売の「あんしん介護認知症保険」は、「あんしん介護シリーズ」として介護保障保険の枠組みとして位置付けられている。当商品発売を機に「シニアにやさしいサービス」の提供を開始し、一部認知症対応に特化したサービスも含まれている。

 

 

プラス少額短期保険「認知症のささえ」

 

①要介護認定を受けた後でもお申し込みいただけます
※「認知症による要介護認定」を受けられている方はお申し込みいただけません

②医師の診断書は不要!簡単な告知のみでお申し込みいただけます
③給付金額には以下の3つのコースがあります
主契約:80万円コース 主契約:60万円コース 特約:20万円コース

④保険料は月々163円から!(60歳男性:特約20万円コース)
⑤満40歳~満90歳の方がお申し込みいただけます
⑥更新により満100歳までご継続いただけます

 

 

 

さらに安心したい時に検討すべきこと

 

f:id:mamoruyo:20191006214034j:plain

 

認知症保険は、各社それぞれに保障内容も異なり、

保険料だけの比較はできません。

 

ただ、ほとんどの商品は

男性と女性の保険料設定に

差があります。

保険料は、長生きする女性の方が

高めですね。

 

最近、重要視されているのは「予防」という観点です。

認知症は予防が大切だということが分かっており、

保険でも予防機能を付けたものなど

進化しています。

 

 

まとめ

 
現在、政府の成長戦略の内容を踏まえると「予防に重点を置いた保険商品と最新技術を活用した実効性のある付帯サービス」が今後の生命保険における商品・サービスの主流になっていきそうです。

 

各企業は、他社との差別化を図るうえで、グループ内企業の連携に加え、

異業種との連携・協業を

積極的に進めていく動きが、

より活発になることが想定されそうですね。

 

 

読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

*1:出所)第一生命経済研究所

*2:出所:生命保障分野における認知症保険の概要・特徴と開発の背景 熊沢由弘

*3:出所:生命保障分野における認知症保険の概要・特徴と開発の背景 熊沢由弘

*4:出所:生命保障分野における認知症保険の概要・特徴と開発の背景 熊沢由弘