介護福祉 On-line

介護福祉の課題を解決するWebマガジンです

認知症キヨさんの「わがまま」対策は?レビー小体型と神戸コーヒー

 

認知症に対応した施設、

グループホームで働いて1年・・・

つくづく個性的な

お年寄りが多いと感じています。

 

今回の主人公は、関西出身。

レビー小体型の認知症、

94歳のキヨさん(仮名)です。

 

キヨさんは長年、

東京で暮らしていますが、

認知症になってから、

関西弁で喋るようになりました。

 

大正生まれのキヨさんは

若い頃は大手金融機関で働き、

海外勤務(ヨーロッパ)も

経験しています。

 

昭和風に言えば、

バリバリのキャリアウーマンで

あったわけです。

 

身長は小柄で、

グレイヘアが自慢の

おばあちゃま。

 

しかし会話をするたびに、

とんでもない

発言が飛び出すんです。

 

 

f:id:mamoruyo:20191113223009j:plain

イメージ /写真:無料写真素材 写真AC



 

 

 

ボケか、呆けかわからん独語

 

キヨさんの要介護度は4です。

移動は車椅子を使います。

 

筋力も衰えているため

姿勢は前かがみが基本です。

 

GH(グループホーム)に来ると、

キヨさんは大体、

テレビに背を向けながら

ぶつぶつと

独語(独り言)を

つぶやいています。

  

認知症になると、

脳の中で好き、嫌い、

快い、不快という感情と結びつく

記憶をつかさどる「偏桃体」という

部分が敏感に反応します。

 

キヨさんの場合は、

この偏桃体が「言葉」によって

敏感に反応するのです。

 

ニュース番組でアナウンサーが

天気の話をしていると、

その関心は内容ではなく

声になります。

 

明日の天気が晴れようが雨だろうと

どちらでもよく、

「あ~いい声。あたし好き!」と

大きな声で呟きます。

 

まるで誰かかと話しているようなので、

遊びに来た入居者さんの家族は、

ビックリするのです。

 

 

レビー小体型認知症のボケ

 

レビー小体型認知症は、

アルツハイマーに次いで多く、

脳血管性認知症とともに

三大認知症といわれています。

 

レビー小体という円型の物質が

多く見られるのが特徴で、

脳の下の脳幹部分にあらわれると

ふるえが起きたり、

歩きにくくなるなどの

動きに関する症状が発生します。

 

幻視という、

実際には見えないものが見えたり

頭がはっきりしているときと、

そうでないときの差が激しい症状も

多く見られます。

 

元金融OLの

キヨさんに九九の問題を出します。

 

介護士「キヨさん、4✖4はいくつ?」

キヨ「シシ、16や」

介護士「すごいねえ。じゃあ7✖7は?」

キヨ「シチシチ、49や」

介護士「できるねえ。それじゃ、10✖10は?」

キヨ「20!」

 

そのとき、

キヨさんの顔は、

なぜか誇らしげなのです。

 

f:id:mamoruyo:20190802223621j:plain

 

神戸のコーヒー

 

キヨさんは、頑固です。

自分が納得しないと

動こうとしません。

 

困るのは食事介助です。

好物の料理ならば

「うまい、うまい」と

パクパクとすすんで食べます。

 

しかし嫌いな食べ物では、

ちょこっと箸をつけて

一切、食べようとしません。

 

さらにワガママなのは

自分でお箸やスプーンを持って

食べられるのに、

優しい介護士さんが来たときは

食べさせてもらうまで

待ってたりします。

 

飲み物もなかなか飲みません。

キヨさんは気に入らないと

「お腹いっぱいやあ」と言いながら

嫌々します。

 

コレ、まじで困ります。

水分摂取は介護では重要です。

うちのGHでは1食に

200CCの摂取を目標にしています。

 

まあ、全量摂取が正義ではないので

無理矢理食べさせるのは

どうかと思うのですが、

それはまた別の話で。。。

 

とにかく。

甘やかすとゼンゼン、飲まない。

初心者の頃はこうでした。

 

オレ

「キヨさん、飲みましょうね」

キヨ

「いやや。飲みたくない」

オレ

「飲まないと身体によくないですよ」

キヨ

「知らん。あんさんが飲め」

オレ

「おれは腹いっぱいだから」

キヨ

「アタシもお腹いっぱいや」

オレ

「ずっと水分とってないよ。頼むから飲もう」

キヨ

「いやや!」

 

とまあ、このように堂々巡りです。

 

正直、

「(このクソババア、早く飲め!)」と

腹が煮えくり返るときもありました。

 

しかし最近はこうです。

 

オレ

「キヨさん、神戸の持ってきたよ」

キヨ

「神戸?神戸はワタシのふるさとや」

オレ

「だね、よいとこだねえ~」

キヨ

「神戸はええとこや。大好きや」

オレ

「だから神戸のコーヒー持ってきたで」

キヨ

「そうかあ。(コップ持って)

 あ~うまいわ」

 

これが毎食の会話になります。

とにかく飲み物の前に

「神戸」をつける。

 

するとキヨさんは、

毎回、同じ会話をして

グビグビと飲んでくれるのです。

 

f:id:mamoruyo:20191120205125j:plain

 

まとめ

 

愛すべき認知症のキヨさんですが、

その性格やレビー小対型の症状を

把握するまでには時間がかかりました。

 

しっかりと話すこともあるので

「マジで認知症?」と

時々、戸惑うこともありますが、

お笑いのボケではなく、

やはり、呆けています。

 

言語に反応する人には、

その人にとって好意的な

「ワード」を見つけて

文脈に入れて話すとスムーズに

介護ができるように感じます。

 

ウソも方便・・・といいますが

どうしても必要な時には

声掛けの一つとして利用するのも

アリなように思うのですが、

みなさんはいかがでしょう。

 

「認知症の愛しき面々」

 

その話はまた今度!