介護福祉オンライン

高齢者・障がい者、子育ての現場から、介護福祉の楽しさや難しさ、問題点などを伝えるWebマガジンです。

ついに最高額の43兆6000億円に!医療費の増大がとまらない~知っておきたい6つの医療費の種類

 

f:id:mamoruyo:20200829134430j:plain



 

デオシーク

 

厚生労働省は8月28日、2019年度の概算医療費の動向を公表しました。

 

これは、病気やケガの治療で全国の医療機関に支払われた費用です。

 

医療費の総額は3年連続で過去最高を更新して43.6兆円となりました。いやあ~なかなかに凄い金額ですね。

 

しかも前の年度と比べておよそ1兆円も増えています(大丈夫か、ニッポン!?)。

 

この記事では調査結果のポイントと、知っておきたい6つの医療費の種類を解説していきます。

  

75歳以上は医療費が4倍に!

 

令和元年、新しい年度となっても医療費は増え続けています。

 

高齢化の進展などもあり、医療費は 43兆6000億円。ここまでくると現実味がなさすぎてピンときませんね。

 

ちなみに、この数字は前年度に比べて約 1 兆円の増加となります。

 

もう少し身近な数字を見ると、国民1人当たりの医療費は34万5000円でした。

 

前の年度よりも、8000円増えています。

 

えっ!なんでそんなにかかっているの、と驚く方も多いかもしれません。

 

実は年代別にみると75歳未満は約22万円ですが、75歳以上になると約95万円にはねあがるんです。

 

つまり75歳というラインが大事なのですね。ここらへんは介護に紐づいてくるキーワードだと思います。

 

入院が17兆6000億円


医療費の内訳を診療種類別にみると入院 17.6 兆円、入院外 14.9 兆円、歯科 3.0 兆円、調剤 7.7 兆円となっています。

 

入院費が高いですね。

 

次に医療費の診療種類別で、構成割合を見てみましょう。

 

入院は構成割合 40.5%、入院外は34.1%、歯科 6.9%、調剤 17.8%となっています。

数字だけ見ると、調剤の割合が高いですね。


医療費の伸び率は+2.4%でした。

 

診療種別にみると入院+2.0%、入院外+2.0%、歯科+1.9%、調剤+3.6%となっています。

 

これは2019年度の数字なので、コロカ渦の2020年にはどう変わるか注目です。


一方、医療機関を受診した延患者数に相当する受診延日数の伸び率は▲0.8%でした。

 

診療種別にみると、入院▲0.3%、入院外▲1.4%、歯科+0.3%となっています。

 

不思議なことに歯科の受診延日数は伸びています。

高齢化とも関係してそうなデータですね。


また、1日当たり医療費の伸び率は+3.2%です。

 

診療種別にみると入院+2.3%、入院外+3.5%、歯科+1.7%、調剤+3.7%となっています。

 

 

加齢臭

 

医療費の6つの種類

 

医療費と一口にいっても、医科や歯科にかかった診療費、薬局調剤医療費、入院時食事・生活医療費、訪問看護医療費などがあります。

 

医療費は後期高齢者医療制度や公費負担医療制度による給付などが知られていますが、これらに伴って自己負担などで支払った費用を合計したものとなります。

 

年々、増大していく医療費に将来の不安を抱えている若い世代は多いです。そして医療費負担が増えていくことも心配の種であります。

 

医療費を診療種類別に見ると6つに区分することができます。

 

具体的に見てみましょう。

 

①医科診療医療費

 

医科診療にかかる診療費です。

 

②歯科診療医療費

 

歯科診療にかかる診療費です。

 

③薬局調剤医療費

 

処方箋により保険薬局を通じて支給される薬剤等の額です。価格が安い後発医薬品、いわゆるジェネリックの昨年度末の使用割合は、数量ベースで80.4%と、前の年度より2.7ポイント増えました。

 

④入院時食事・生活医療費

 

入院時食事療養費、食事療養標準負担額、入院時生活療養費および生活療養標準負担額の合計額です。

 

⑤訪問看護医療費

 

訪問看護療養費および基本利用料の合計額です。

 

⑥療養費等

 

健康保険等の給付対象となる柔道整復師・はり師等による治療費、移送費、補装具等の費用です。

 

 

 

ライフプラン診断LP

 

 まとめ

 

医療費は過去最高の43.6兆円となり、増加を続けています。

 

超高齢社会においては当然かもしれませんが、医療費を支えるためには様々な金策をしなければ立ちゆきません。

 

当然、その中にはコロナ税も含まれてくるでしょう。

 

医療費というと入院をイメージされる方も多いですが、看護や療養費などもあります。膨大化する医療費を食い止めるために厚労省では予防という視点を重視しています。

 

もちろん病気にならないことが一番ですが、医療費増加を防ぐための予防ではなく、あくまでも健康に100年生きるための予防を心がけたいですね。

 

医療費が増加しようと高い税金を払っているのですから、医療費を利用するのは当然の権利です。

 

あくまでも自分自身のために健康予防を考えることが必要だと思うのです。

 

 

本日もありがとうございました。

サトシ(@satoshi_Jp0415でした。

 

 <参考文献>

 

令和元年度 医療費の動向

 ・公益社団法人 全日本病院協会

 

 

デオシーク ボディソープ

ConoHa WING(コノハウィング)