介護福祉オンライン

高齢者・障がい者、子育ての現場から、介護福祉の楽しさや難しさ、問題点などを伝えるWebマガジンです。

汚い?口内丼(こうないどん)と三角食べの違いと特徴~ママができない、許せない口中調味のワケ

f:id:mamoruyo:20200615135905j:plain

 

 

最近、注目されているのが「口内丼(こうないどん)」という食べ方です。

 

口内丼とは、食事中にご飯や複数のおかずを口の中で一緒に食べる方法で、子供や男性に多く見られる食べ方です。

 

口内丼と似ている食べ方に三角(さんかく)食べがあります。

 

一体、どのように違うのでしょうか。特徴や効果について解説します。

 

 キャンペーンLP ※期間中限定 

 

汚い?出来ない?「口内丼」の特徴とは


「口内丼」とは、ごはんと複数のおかずを口の中で一緒に混ぜ合わせた食べ方で、日本の伝統的な食文化でもあります。

 

こうした食べ方は男性に多く、「口の中で調味している」という言い分が聞かれます。

 

唾液には、食べ物をやわらかくして消化を助けてくれたり、体に悪い影響を及ぼす活性酸素を減少させる働きもしてくれます。

 

唾液のパワーを存分に発揮してもらって、おいしく食べられるからイイじゃん!という声もあります。

 

しかし料理を作った側、とくにママにとっては不快に感じる人は多く、おかずは単体で味わってほしいという気持ちがあるようです。

 

また今回、「口内丼」をママが認めない理由には、学校での「食育」が大きく関係しているように思うのです。

 

 

テレビのワイドナショーやグッとラック!などで紹介

 

口内丼は、2020年8月30日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)や、2020年9月2日放送の「グッとラック!」(TBS系)などで特集されました。

 

おかずを次々と口の中に放り込み、ご飯と一緒に食べる夫に不満を抱く妻。

 

「口中調味(口内調味)だ」と真っ向から反論する夫。

 

どちらの言い分が正しいのか。

 

ツイッターなどで「口内丼」というワードが話題となりました。

 

 

 

学校奨励「三角食べ」との違いとは

 

口内丼と比較されるのが「三角食べ」です。

 

「三角食べ」とは、ご飯・おかず・汁物などをバランスよく食べる食べ方です。

 

2007年、文部科学省は「食に関する指導の手引き」で、主食とおかずは交互に食べようと指導していました。

 

三角食べは、ごはん、おかず、汁物を平行して食べ進めるので、残しても栄養のバランスがとりやすいメリットがあります。

 

また、硬さが違うものを口の中で混ぜ合わせることによって、味付けを口内で調整することができます。

 

これを「口中調味(こうちゅうちょうみ)」と言います。

 

お気づきでしょうか。

 

口内丼も三角食べも、口の中で調味している点では同じなのです。

 

 

 

 

 

 

ママができない、許せない「口中調味」

口内丼の食べ方も三角食も同じ、口中調味といえます。

 

三角食べの場合、ごはん、おかず、汁物と順序良く食べるので、原則口の中には「主食とおかず」、「おかずと汁物」、「汁物とごはん」のような組み合わせです。

 

ところが、口内丼の場合はミックス。大げさにいえば、なんでもありです。

 

しかし子育てをしているママの中には、マナーや食育、栄養バランスの観点から、子供に三角食べをすすめている方も少なくありません。

 

社会に出て忙しく、早く美味しく食べる習慣がついてしまったパパが子供の前で「口内丼」をしていると日々、食育に気を遣っているママの怒りが爆発するのも、当然かもしれません。

 

 

 

  

 

 

パパ族は口内丼をこそっと楽しむ

 

現在、学校では「三角食べ」を推奨しているところも減ってきています。

 

しかし今、子育ての中のママは「三角食べ」を推奨されてきた世代でもあり、我が子にも……という方も少なくありません。

 

そのため口内丼は、見た目やマナーからもなんだか許せない、できない食べ方かもしれませんね。

 

そうしたママの導火線に火をつけないためにも、パパ族はこそっと口内丼を楽しむ方が無難かもしれません(笑)

 

 

本日もありがとうございました。

サトシ(@satoshi_Jp0415でした。