介護福祉オンライン

高齢者・障がい者、子育ての現場から、介護福祉の楽しさや難しさ、問題点などを伝えるWebマガジンです。

コロナで認知症が悪化!認知機能低下の高齢者が増加〜家族の対応とは

f:id:mamoruyo:20200918190201j:plain



 

 

新型コロナウイルス感染症の拡大。

 

実は、認知症の人の症状悪化と家族の負担が増えていることがわかりました。

 

これは全国945施設・介護支援専門員751人を対象にしたオンラインでの調査結果です。

 

具体的に紹介したいと思います。

 

 

認知症が急速に悪化する?


新型コロナは、認知症の高齢者にも影響を及ぼしています。

 

全国945施設・介護支援専門員751人のオンライン調査結果 によると、約4割のケアマネが介護サービスの制限等で「認知症者に影響が生じた」と答えています。

 

介護支援専門員とは介護でいう「ケアマネ」のことです。

 

ケアマネは介護者や家族の相談窓口を担う存在です。

 

それだけにリアルなコロナの実態を明かしているといえます。

 

自宅介護、認知症者の症状は?

 

コロナの影響で、自宅にいる認知症者の半数以上が「認知機能の低下、身体活動量の低下等の影響がみられた」そうです。

 

認知機能が一度低下すると、回復させるのは簡単ではありません。

 

要介護度も高くなります。


そして心配なのは家族の負担です。

 

自宅にいる認知症の方が介護サービスを受けられなくなった場合、約7割のケアマネが「家族が介護を行うことがあった」と回答しています。

 

そのため4割の家族が「仕事を休んだ」そうです。

 

また家族の2割以上が「介護負担のため精神的・身体的な負担が増した」と回答しています。

 

自宅介護の注意点とは

 

新型コロナに対しては長期的な取組が必要です。

 

マスクの着用など新しい生活様式への移行も重要ですが難しいこともあります。

 

認知症の方は認知機能低下による情報やサービスへのアクセスが困難です。

 

さらに、環境変化への適応も簡単ではありません。

 

新しい生活様式の実践が困難であることを、家族は理解する必要があります。

 

認知症の方に無理やり変化を求めるのではなく、あせらず、ゆっくりと対応することが大切です。

 

 

 

  

 

 

認知症の心配される症状とは

 

新型コロナの感染拡大下では、外出自粛や施設における面会制限などの感染予防が行われています。

 

これによって心配されるのが、身体機能の低下や行動心理症状の悪化ですが、現場ではやはり悪影響が生じていたと言われています。

 

また、認知症の方がコロナに感染した場合には隔離などが必要ですが、こうした対応も困難であったとする意見も出ています。

 

認知症者のほとんどが高齢です。

 

新型コロナの感染では重症化するリスクが高いにも関わらず、備えに関して多くの面で課題があると考えられます。

 

今回の調査は、広島大学、一般社団法人日本老年医学会が共同で高齢者医療・介護施設および介護支援専門員を対象としたオンラインによる質問票調査を実施しました。

 

コロナウィルス感染症感染が拡大する中、(おおよそ2020年2月~6月頃)の期間に認知症者や家族にどのような影響がみられたのか、またそれに対してどのような取組が行われたのか調べたものです。

 

 

これらの調査結果は「新しい生活様式」を実践するため、どのような支援が適切か検討する基礎資料として活用されることが期待されています。

 

本日もありがとうございました。

サトシ(@satoshi_Jp0415でした。

 

 【引用文献】

 

【研究成果】新型コロナウイルス感染症の拡大により、認知症の人の症状悪化と家族の介護負担増の実態が明らかに ~ 全国945施設・介護支援専門員751人のオンライン調査結果 ~ | 広島大学