【ツナガレ介護福祉ケア】

東京都指定の障がい総合支援サービス事業所です。高齢者・障がい児・者、子育ての現場から発信しています!

介護業界で稼ぐには?夜勤専従の給料やスケジュール、過ごし方とは【ツナガレ介護福祉ケア】

f:id:mamoruyo:20210131192218p:plain

 

介護業界で稼ぐには

 

結論から言えば、手っ取り早く稼ぐには「夜専」が一番です。夜専とは、夜勤専従の介護士のことをさします。夜専は派遣が多いです。

 

派遣は時給が高いので1回の夜勤で2万円~3万円相当は稼げます。ただし地域や派遣会社によって条件は違います。報酬単位もあるので、都心部の方が夜勤の給料は高いと思います。派遣で働くのは、男性やベテランの女性が多い印象です。

 

稼げる夜専ですが、どのくらい稼げるのでしょう。例えば、派遣スタッフとして月に20回入ったら1回2万円として40万円にはなります。ただし1回の勤務時間は長いです。今回は僕が働いていたグループホームを参考例にして紹介していきます。

 

 

夜勤専従のスケジュールとは

 

僕が働いていたグループホームでは、夕方の5時から翌朝10時までの17時間が夜勤の時間でした。休憩は1時間なので16時間勤務になります。社員が夜勤も担当しますが、シフトの関係もあるため、夜勤専従の派遣スタッフが入ることも多かったです。

 

勤務の前半戦は夕食の介助、トイレ誘導、就寝介助などがメインです。だいたい夜の9時ごろには利用者さんは就寝することが多く、それからは巡視や見守りとなります。

 

巡視では利用者さんの容体が変化しないかなどのチェックやトイレ誘導、排泄介助といったところがメインです。夜は利用者さんの状況にもよりますが、認知症でも安定した方が多いグループホームでは、それほどバタバタすることはないと思います(施設の体制にもよりますが……)。

 

そして、後半戦の朝になると起床介助、口腔ケア、更衣介助などがスタート。このあたりから日勤スタッフも来るので、一緒に朝食介助、体調チェックなどを行いながら、午前中10時に仕事が終わるという感じです。

 

夜専で働く個性的な人たち

 

夜専をメインにしている派遣スタッフは個性的な人が多いです。やはり稼ぎたいということで若い男性も多いのですが、様々な施設を渡り歩いてきたベテランおばさま介護士も多かったです。こうしたおばさまは情報通でもあるので話を聞くと面白いです。また、60歳代で夜専をしている方も多いので、介護の現場はシニア世代も稼げる職場といえるかもしれません。

 

老健や特養などで働いてきたおばさま達が比較的、ラクだと口を揃えるのがグループホームでの夜勤です。しかし夜勤は主に一人で行うことが多く、突発的な出来事に対処できるスキルは必要となります。介護福祉士の資格を持っていると施設側も安心するので、夜勤を専門に考えている方は資格取得をおすすめします。

 

一方、夜専は稼げるものの身体的にキツイという話をよく聞きます。例えば、夜専で年収1千万円を稼ぐためには回数を増やすか単価を上げるしかありません。現実的に可能なのか計算してみました。

 

年収1千万円を稼ぐためには、月収約84万円を稼ぐことが必要です。もし月20回の勤務で月収84万円を手にするためには、1勤務の単価は7万円必要となります。夜専の勤務時間を一般的な16時間とすれば、時給4300円以上の施設で働かなければなりません。

 

「無理でしょ」と感じる方も多いと思いますが、僕が知っている夜専の方は年収600万円以上を稼いでいました。やり方によっては出来ない話でもないのですが、かなりハードなスケジュールになります。

 

稼ぎ方は人それぞれです。煩わしい人間関係に振り回されることもなく、入浴介助もないのでマイペースでお金を稼ぎたいという方は夜勤専門で働くのもひとつの方法かと思います。

 

介護職は稼げないのか?

 

介護職は稼げない……こうした声をよく聞きます。これは都心部と地方でも差が大きいです。また正社員か派遣か、パートかによっても年収に違いはあります。

 

介護一本で稼いでいる方もいますが、意外と副業として働いている方も少なくありません。昼間はレストランで働き、夜に介護施設で働いていたり、休みの日を利用して週に1~2回、介護職として働いている方もいます。

 

今後は介護職の給与も上がっていくと思いますが、メチャクチャに稼げる仕事ではありません。しかし様々な業種が参入することで新たなビジネスチャンスが生まれると、高収入を得られる可能性も高くなります。

 

介護士は他の業界と比べるとまだまだ稼げる仕事ではありませんが、売り上げノルマが課せられる仕事ではありません。

よいサービスを提供して利用者に喜んでもらえる。感謝される。こうしたやりがいを多くの介護士が感じていることだと思います。

 

例えば前職の仕事でノルマ、ノルマに追われて精神的にダメージを受けて転職してきた方も少なくありません。

何を人生の目標に掲げるかは人それぞれだと思いますが、心のリハビリの場として介護業界を経験するのは悪くないようにも感じます。

 本日もありがとうございました。