ツナガレ介護福祉ケア

高齢者・障がい児・者、子育ての現場から発信しています!

知っておきたい介護の入浴、清拭の方法をケアラーが解説

f:id:mamoruyo:20210819223527p:plain

 

 

日本人にとって、いくつになっても大好きなのがお風呂です。

 

すっきり、さっぱり、のーびのび。デイサービスでも入浴サービスを充実させている施設は多いです。

 

ただし、入浴は自分たちが思っている以上に、かなり体力を消耗します。とくに体力が低下している高齢者には、かなりの重労働です。

 

ケアラーにとっては、利用者さんの意向を尊重することは重要ですが、事故を起こさないためにも入浴介助は慎重に行わなければいけません。

 

食事前後の入浴を避けたり、長時間の入浴を避けるよう上手に誘導するのもケアラーの仕事です。今回は知っておきたい入浴介護の知識と方法を紹介します。

 

尚、本記事では介護職をケアラーと表記しています。

 

 

 

空腹時、食後は入浴しない

 

空腹時に入浴をすると胃酸過多で気分が悪くなったり、貧血やめまいを起こす可能性があります。そのため、お腹が空いている時の入浴は極力避けましょう。

 

空腹のときは水分の不足や血糖値が低くなりがちです。貧血状態になりやすい方はしっかりと食事をとってから入浴した方がおすすめです。

 

ただし、食後すぐに入浴するのはだめです。せっかちな方は食べたらすぐにお風呂に入りたがりますが、消化不良を起こす可能性があります。高齢者は、1時間ほど時間をおいてから入浴しましょう。

 

 

清拭の注意点

 

介護では「清拭(せいしき)」という業界用語があります。なんじゃそれ?と最初は戸惑いました。

 

清拭とは、蒸しタオルなどで利用者(高齢者)の身体を拭き、清潔を保つことをいいます。 清拭を利用するのは、寝たきりの高齢者などです。また、一人でお風呂に入るのが難しい認知症の方にも行ったりします。入浴と清拭を交互に行ったり、ケアラーは臨機応変に対応します。

 

利用者さんには、あたたかい蒸しタオルで身体を拭かれると血液の循環がよくなるし、サッパリすると喜ばれます。もちろん、この清拭にも経験と技術が必要です。

 

基本としては、清拭で背部を拭うときは、健側(障害のない側)を下にします。もし麻痺側(障害のある側)を下にすると、身体を拭くときの体勢によって圧力がかかってもそれに気づかない可能性があるからです。

 

麻痺側を下にしてしまうと、うまく体を支えられなかったり、圧迫に本人が気が付かないため事故の危険性もあります。全方位に意識を配りながら、利用者に的確な声かけをしていくことが必要です。

 

 

清拭では、55℃くらいのお湯を準備

 

清拭を行うときは、お湯を準備します。このお湯とタオルを使いながら身体を拭いていくのですが、入浴とは違って、清拭の場合タオルがすぐ冷えてしまいます。そのため、55℃くらいのお湯を準備しておくとよいです。

 

なんとなく40度で適温な気がしますが、清拭だとタオルがすぐ冷えるため、やや熱めの方が適しています。いちいち温度計で測りながら、お湯を持っていくことはありませんが、だいたいの温度は経験でわかるようになってきます。

 

清拭の際、気をつけたいのが腰痛です。ベッドの高さは自分の拭きやすい位置に上下させましょう。面倒だからと、この一動作を怠ると、あとで痛い目にあいます。また、ボディメカニクスなどのテクニックを使うことは腰痛予防などにもつながります。

 

 

清拭で知っておきたい知識

 

タオルで顔を拭くときに、覚えておきたいのが目の拭き方です。目は涙管を目脂でつまらせないように、目頭から目尻に向かって拭きます。

 

また、上腕は、手関節を下から支えて拭きましょう。手関節とは手首のことです。手首だけでは腕は安定しません。肘関節から下を支えます。ひじ関節や腕全体を持ち上げた方が拭きやすいです。

 

皮膚についた水分は、こまめにふき取ります。水滴が残っていると気化熱となって、体温を奪う原因になります。その結果、風邪をひきやすくしてしまうことも考えられるからです。

 

おなかは「の」の字

 

おなかの拭き方にもコツがあります。腹部は、時計周りに円を描くように拭いていきます。腹部は右回りにマッサージをするように拭きます。

 

また清拭では、末梢から中枢(心臓)に向かって行うのが基本です。たとえば、両下肢は末梢(まっしょう)から中枢に向かって拭くことになります。

 

 

耳垢や鼻毛の処理は?

 

乾燥した耳垢は綿棒で湿らせてから取ると、される側が痛くないです。そして、きれいに取る事ができます。

 

固く固まった耳垢を取るときは、綿棒にベビーオイルをつけ、耳の中を湿らせ、傷つけないように取るとうまくいきます。

 

鼻毛もそうですが毛を引き抜くと皮膚を傷つけ、そこから細菌が侵入し、毛嚢炎になる恐れがあります。そのため鼻毛は専用のはさみやカッターを使います。

 

毛抜きで抜いてくれと頼まれることがあるかもしれません。しかし、毛根部分が炎症を起こす可能性があるので、家族以外はやらない方がよいと思います。

 

老人性掻痒症の場合、乾燥予防が大切です。もし石けんを使用する時は、刺激の少ない弱酸性の石けんを使用する事が有効です。

 

まとめ

 

入浴は利用者さんに喜ばれる介助のひとつです。 しかし血行が促進されるため、身体、特に心臓に負担をかけます。そのため、空腹時や満腹時、めやすとしては食後1時間前後の入浴は避けるなどの注意は必要です。

 

温度の確認は、まずケアラーの手で行い、次に利用者の手で行います。お風呂には、麻痺側から入るとお湯の温度を感じないため危険です。また、体のバランスも崩しやすいので健側から入浴するのが基本です。

 

お風呂では、長く湯につかると新陳代謝は活発になりますが、体への負担は増えます。健康状態にもよりますが、お湯につかる時間は5分から10分が目安です。そして、風邪をひかないよう、入浴後はすぐにからだの水分を拭き取りましょう。

 

ベッドなどで行う清拭では、熱めのお湯を用意します。約55度が適温です。タオルで顔を拭く時は、目頭から目尻に向かって拭きます。この時、力は入れません。

 

手関節だけを支えるのではなく肘関節を下から支えます。皮膚についた水分はこまめに拭き取ります。気化熱で体冷えてしまうからです。

 

入浴や清拭は、かなりデリケートな介助になりますので利用者さんとの人間関係、コミュニケーションの構築が大切です。誰だって自分の身体をみられるのは嫌ですものね。技術もそうですが、心配り、気配りが大事なように思います。

 

 

独自のインタビューでココだけの求人情報を掲載【ココカイゴ転職】

 

 

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

本日もありがとうございました。