ツナガレ介護福祉ケア

東京都指定の障害福祉サービス事業所です。高齢者・障がい児・者、子育ての現場から発信しています!

精神障害の3つの原因は?統合失調症や境界性パーソナリティなどの特徴や入院形態~ツナガレケア

f:id:mamoruyo:20220127003112p:plain

心の病

精神疾患は特別な病気というイメージがありますが、生涯のうち5人に1人が何らかの精神疾患にかかるという研究結果もあります。つまり、誰もがかかる可能性のある病気と言えます。

精神疾患のある方に何か相談をされたとき、その内容の真偽に関わらず、まずは本人の気持ちに寄り添うことが大切です。例えば、誰かに「悪口を言われている」「監視されている」といった訴えがあります。この場合、内容について掘り下げたりはせず、その人の気持ちに重点を置いて話を聞くことが大切です。

ただし妄想などは、内服忘れや病状の悪化も考えられるため、医療などの他機関と共有することが必要です。そのことを本人へ伝える際は慎重に行います。

 

 

精神障害の3つの原因

精神障害は、原因別に大きく3つに分類できます。

①内因性(脳の器質的な問題によって起こるもの)

統合失調症が発症する原因は、まだ解明されていない部分もありますが、遺伝や脳の変化に環境因子が加わることで起こると言われています。脳の器質的な問題と考えられるので、内因性となります。

②外因性(身体の病気が原因で起こるもの)

脳腫瘍は身体の病気です。脳腫瘍が原因となって発症した精神疾患は外因性です。またアルコール依存症は、体外から入ってきた多量のアルコールにより脳が反応し精神疾患を起こすので外因性に分類されます。認知症は、何らかの原因で脳に障害を負うことで発症します。身体の病気ですので外因性です。

③心因性(何らかの精神的負担によって起こるもの)

パニック障害の原因は、まだ十分に解明されていません。ストレスなど心因的要因が主な原因であると考えられてきました。しかし近年の研究では身体的要因があるという説もあります。

統合失調症の特徴

統合失調症は内因性の精神障害です。特徴として、妄想や幻覚といった症状が多く見られます。自分を襲おうとしている敵がいる、誰かが自分を見張っている等の被害妄想の他、自分の考えが人に知られている、自分には特別な力があるといった考えが現れることもあります。

統合失調症の症状には「陽性症状」「陰性症状」「認知機能障害」があります。妄想や支離滅裂な言動は陽性症状のひとつです。

躁うつの特徴

躁うつは、気分障害の主症状です。気分障害には、憂うつな気分が強く現れます。睡眠障害や食欲の減退など、さまざまな身体症状をともなう「うつ病」と、異常すぎるほどのハイテンションなどの「そう病」があります。再発を繰り返したり、慢性化することも少なくありません。

強迫観念の特徴

強迫観念は、強迫神経症の主症状です。自分では間違っている、不合理であると分かっているにも関わらず、自分の意志では払いのけることが出来ない考えのことです。絶えず頭にアレコレと強迫観念が浮かんで、日常生活も送れないほど悩む状態となります。

振戦(しんせん)せん妄(もう)

アルコールの急激な中断による離脱症状です。アル中と呼ばれる方に見られたりします。精神運動興奮、カラダの震えと意識混濁や錯視、発汗、不眠などがみられます。

境界性パーソナリティ障害

境界性パーソナリティ障害の主症状に、見捨てられ不安があります。些細なことで不安な気持ちが強くなり、その気持ちを相手にぶつけてしまう。少し経つと落ち込み、また相手に甘えるようになるといった対人関係の不安定さが特徴的です。これを繰り返しているうちに相手も自分も憔悴しきってしまいます。

精神科の入院形態

精神障害の症状が進むと自傷、他傷行為などがみられて入院することがあります。精神科への入院は、精神保健福祉法に定められています。入院形態はさまざまで「対象と要件等」が異なっています。精神疾患のある方は、突発的に自傷行為に及ぶこともあります。そうした状況を電話やラインなどで知ったり、目撃した場合は時間を争うことがあります。ここでは5つの入院形態をまとめました。

①任意入院

任意入院とは、本人の意思に基づく入院です。医師が治療のため必要と診断した場合、本人の同意のもと入院します。もっともスムーズな形かもしれません。入院するにあたり、精神保健指定医の診察は必要ありません。

②医療保護入院

医療保護入院とは、患者本人が入院を望まない状況でも、精神保健指定医が入院が必要と判断し、家族や保護者(後見人・親・配偶者など)が入院に同意した場合に行なわれる入院です。自傷他害のおそれはないけれど、任意入院を行う状態にない者です。入院の命令者は、病院の管理者です。

③措置入院

精神障害のために自傷他害の恐れがある場合、精神保健指定医2名が診察し、2人ともが入院が必要と判断したときに行なわれます。本人や保護者の同意は必要ありませんが、2名の精神保健指定医の判断により、都道府県知事が認めた場合に行われます。入院期間にしばりはなく、入院措置解除を受け、退院することができます。

④緊急措置入院

緊急措置入院とは急速を要し、措置入院に係る手続きをとることができない場合に行う入院です。急速を要する場合、72時間に限って1人の精神保健指定医の診察の結果により、知事の決定によって行われます。

⑤応急入院

応急入院とは、本人や家族、保護者の同意がなくても、精神保健指定の判断によって入院できます。ただし入院期間は、72時間以内に限られています。この場合、応急入院指定病院でないといけません。

まとめ

精神疾患は原因がはっきりしている外因性、心的ストレスによる心因性、外因性でも心因性でもなく、脳に何らかの問題があると考えられる内因性の3つに分類されます。

現在、精神疾患を抱えて苦しんでいる方は増えています。たとえば、東京北区を見てみると、精神障害者保健福祉手帳の所持者数は年々増加しており、平成26年度末の2,281人に比べ、令和元年度末では3,394人と48.8%増となっています。

精神障害は目に見える病気ではありません。それだけに放置する方も多いのですが、身の回りに思い当たるケースがあれば注意深く観察することが大事だと思います。

本日もありがとうございました。