ツナガレ介護福祉ケア

東京都指定の障がい総合支援サービス事業所です。高齢者・障がい児・者、子育ての現場から発信しています!

代表メッセージ

f:id:mamoruyo:20211003170433j:plain

そのままのあなたが、みんなのチカラになる

どの業界においても、顧客第一主義は重要です。介護福祉事業でも、利用者様に最高のサービスを提供する想いは一緒です。そして同時にサービスを提供するケアスタッフが笑顔で幸せに働けることが大切だとツナガレ介護福祉ケアは考えています。

現在、私自身も介護福祉の現場でサービス提供をさせて頂いております。重度訪問介護、同行・行動援護、居宅介護などを通じて現場のニーズを知り、業務の効率化を進化させ、それに伴うスタッフの待遇を改善していく。そうしたことが利用者様へ提供するサービスの質の向上につながると確信しています。

そのためにはスタッフが日々余計な心配をすることなく、より良いケアに向き合える環境作りは必須です。他業種と比べて低いとされる給与水準の適正化や、それぞれの目標の実現に向けた資格取得、キャリアパスに力を入れています。

利用者様とスタッフの「幸せにツナガレ」を実現するための仕組みづくりに注力していきたいと考えています。 その上で今後は、他業種や海外との連携を深め、最先端の知見を蓄積するとともに、従来の介護福祉事業とデジタルのシナジーを一層高めていくことを目指しています。

ツナガレ介護福祉ケアはこれからも事業を積極的に展開してまいります。今後とも、一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長  大屋 覚

 

代表プロフィール

大学卒業後、放送作家として報道や情報、スポーツ番組などの企画、構成、執筆を担当。プロデューサーとしてもメディアコンテンツ、アプリ制作、アーティストなどを手掛ける。2012年より社会人として大学院へ入学。心理学と福祉を機能的に連携させた研究に取り組む。介護現場で経験を重ねた後、障がい者総合支援サービス事業を展開するとともに個人でもライブ活動や講演、メディアを通じた高齢者、障がい、子育て支援に向けた情報発信を行っている。

【主な資格】

保育士
介護福祉士(実務者)
相談支援専門員
行動援護従業者(発達障害、知的障害等)
同行援護従業者(視覚障がい者ガイドヘルパー)
喀痰吸引特定3号(医療的ケア)

【出身校】

早稲田大学卒業

早稲田大学大学院修了

早稲田大学大学院・博士後期課程退学