介護福祉オンライン

高齢者・障がい者、子育ての現場から、介護福祉の楽しさや難しさ、問題点などを伝えるWebマガジンです。

家庭の保育

時代を動かした4人の男〜吉田松蔭から本居宣長・・・日本のヤバい人たち

日本を動かしたヤバい人たち 武士が闊歩した江戸時代。庶民の教育も熱心に行われ、時代を動かす礎となったヤバい人たちが数多く存在しました。戦後、彼らの教えが教科書には生かさることは少ないですが、改めて読み返すと、現代を生き抜くヒントが得られます…

待機児童解消?ドイツ、イギリス、アメリカ、スウェーデンの保育サービス事情とは

海外の保育サービス 日本の保育サービスは、保育園が大きな役割を担っています。一方、保育園よりも教育をメインにしているのが幼稚園です。 保育園を管轄するのは厚労省で、幼稚園は文科省がしきっています。縦割り行政として批判のあった乳幼児の保育サー…

フランスの保育は自宅が基本?認定保育ママ制度とクレシュとは

フランスの保育サービスとは モンサンミッシェル、凱旋門、ヴェルサイユ宮殿で有名なフランス。 芸術とファッションの魅力あふれるフランスでもフルタイムで働く女性は多くいます。 こうした人々のニーズにこたえるために保育サービスも充実しています。 今…

楽しい「遊び」の定義・・・有名な6つの行動と4つの項目とは?

遊びとはなにか? 楽しく遊びたい。面白く遊びたい。誰もが当たり前のように「遊び」をしています。でも、そもそも人はなぜ遊ぶのでしょう。 幼児教育の祖と称されるフレーベルをはじめ、遊びを通じて子供の成長を促す活動は古くより行われています。重要な…

マンツーマン保育も。居宅訪問型保育事業(家庭的保育者)メリット・デメリットとは

居宅訪問型保育事業とは? 子どもの保育を専門家が自宅で行うサービスに「居宅訪問型保育事業」があります。 このサービスは、保育を必要とする満3歳未満の乳幼児の保育を「家庭的保育者」という専門家が自宅で行うサービスです。内閣府が平成27年4月よりス…

知っておきたい「生涯発達」3つの要因〜バルテスの生涯発達理論とは?

心理学者バルテスの生涯発達理論とは 生涯発達研究の第一人者として有名なのがバルテスです。バルテスはドイツの心理学者です。「人間の発達は、子どもだけではない」として新生児から老年期までの生涯における発達過程を視野にいれた生涯発達について、「常…

保育士あるある〜2021試験で覚えられない有名人4選

2021保育試験〜覚えられない有名人4選 現在、保育士の試験は年2回行われています。保育試験にはさまざまな有名人が登場します。誰それ?という人もいますが、その功績をフカボリしていくと「ほ〜う」と頷くようなトリビアもあります。 保育士は専門学校に…

児童養護の父、石井十次「岡山孤児院十二則」の考え方をわかりやすく解説

児童養護の父、石井十次とは 児童養護の父と呼ばれるのが、石井十次さんです。といっても石井十次さんが活躍したのは明治時代。ずいぶんと昔になります。 石井十次さんは1887年(明治20年)に岡山孤児院を設立し、無制限収容主義を唱えました。無制限収容主…

障害のある子ども(障害児)の食事介助で気をつけたいポイント~姿勢やレシピ

障害のある子どもの食生活と留意点 障害のある子どもの食生活には症状に応じた配慮が必要になります。もちろん好きな物を自由に食べていただくことは大切です。その上で介助者が知っておきたいポイントがいくつかあります。 重症心身障害児の食事動作 重症心…

6歳以下の子供の窒息死〜突然死を防ごう!乳幼児突然死症候群(SIDS)

突然死を防ぐ方法とは 悲しいことですが、乳幼児が突然に亡くなることがあります。「乳幼児突然死症候群(SIDS)診断ガイドライン」には、乳幼児の突然死症候群の定義を次のように示しています。 それまでの健康状態および既往歴からその死亡が予測できず、…

孤食(ぼっち飯)、個食や子食の意味や違いとは?

個食や独食(ぼっち飯)、個食の違いとは 「孤食」とは食事を一人で食べること。「個食」は家族が同じ食卓についても別々のものを食べること。「固食」は同じものばかり食べることです。 呼び方は「こしょく」と同じですが、それぞれの意味は違います。 実は…

【簡単】SDGs?「持続可能な開発のための教育(ESD)」の目的や背景とは

ユネスコ世界会議と「持続可能な開発のための教育」 国際連合。 なんだか社会科の勉強のようですが、いわゆる国連ですね。 この国連が、ユネスコ主導のもとに提唱したのが「持続可能な開発のための教育」です。 具体的には、2005年から2014年までを「国連持…

人見知りと分離不安の違いとは?アタッチメント(愛着)の特徴

アタッチメント(愛着)とは 保育士の試験問題によく出てくる人物にイギリスの医学者、ボウルビィがいます。ボウルビィは、子どもが身近な特定の親しい人とのあいだに結ぶ情愛的な関係をアタッチメント(愛着)と呼びました。また、その相手を「愛着対象」と…

マザーズハローワークの3つの特徴と利用法〜どんな仕事?シングルマザーが役立つサービスとは

マザーズハローワークとは? 「マザーズハローワーク」をご存じでしょうか? マザーズハローワークとは、子育てと仕事との両立を目指している方に就職を支援してくれる場所です。そのためキッズコーナーなど子連れでも訪れやすい環境を整えています。 支援の…

オーベルランにオーエン、マクミラン姉妹とは〜教育家の名言と使命感とは

オーベルランの業績とは フランスの牧師、オーベルランは貧しい村に派遣されました。 子どもたちは放任され危険な環境でした。そのときオーベルランは、宗教とともに教育の必要性を痛感したそうです。 彼は行動しました。 共働きの家庭の子どもは放ったらか…

人間性を高める3つの要素~生きる力とダメな人との違い

人間性を高める生きる力とは? 人間性を高めるために必要なのが「生きる力」ではないでしょうか。 たくましい「生きる力」を身につけることで他人にも優しくなり、自己を理解することができます。 豊かな人間性を育むために大切な生きる力。では、生きる力と…

カサンドラ症候群の意味とは?職場の「アスペルガー」夫の特徴と子育て

カサンドラ症候群とはアスペルガー症候群のパートナーを持つ女性が、精神的苦悩や疲弊を抱え、自らの精神的なサポートが必要になる状態のことです。今回は

汚い?口内丼(こうないどん)と三角食べの違いと特徴~ママができない、許せない口中調味のワケ

最近、注目されているのが「口内丼(こうないどん)」という食べ方です。 口内丼とは、食事中にご飯や複数のおかずを口の中で一緒に食べる方法で、子供や男性に多く見られる食べ方です。 口内丼と似ている食べ方に三角(さんかく)食べがあります。 一体、ど…

おすすめ!新型コロナ、乳幼児のママが知っておくべき症状と5つの対策

乳幼児がコロナに感染したか、心配されるママも多いと思います。 厚生労働省からの新型コロナウイルス感染症を疑う基準では「37.5℃以上 4 日」とあります。しかしこの基準では、乳幼児の「風邪」の多くが当てはまってしまいます。 この記事では厚生労働省の…

「命の選別」発言は何が悪いのか?きれいごとや価値観…誰を生かし、誰を殺すのか?

新型コロナウイルスの感染者が増える中、「命の選別」についての価値観が問われています。れいわ新選組の候補者の衝撃的な発言。ALS患者を殺害した二人の医師。相模原障害者殺傷事件の植松死刑囚にも「命の選別」を肯定する思想が見られました。誰を生かし、…

「試し行動やウソ」愛着障害を抱えた里子の気持ち…里親制度で後悔しない受け入れ方とは

「愛着障害」という見えない闇 国では里親制度を推進しています。横山恵子さん(仮名、50代)は夫と二人暮らし。30代のときに夫婦で相談して、施設で育った女の子(当時、4歳)の里親になりました。 里子となった女の子は生まれてすぐに両親が離婚。父親は…

「子供はいらない」。児童養護出身者が抱える育児放棄、虐待の不安

子供はいらない 結婚して2年。そろそろ子供が欲しいなと感じていた坂本亮介さん(仮名)は妻から、こんな告白をされました。 「子どもはいらない」 坂本さんは驚きました。そして理由を聞くと妻はしばらく沈黙した後、「自分は幼い頃に施設に預けられた。だ…

ドラマのようなスパルタレース!アテネと危ない国の教育の違いを検証

戦士を養成する教育機関 スパルタ教育。その歴史はギリシャ時代に遡ります。 古代ギリシャは都市国家(ポリス)の集まりによって形成されていました。 教育は市民を育成することが目的でした。 その時代、特徴的だった教育が「スパルタ」と「アテナイ(アテ…

江戸時代の高学歴はどこまで~朱子学と陽明学、儒学の違いとは?

江戸時代の高学歴エリートとは 江戸時代は教育熱が盛んでした。 その理由は、武士が戦に行かなくなったからです。 あわせて商業が発達し、ヨーロッパや中国からの影響も大きくなり学問が発展しました。 江戸時代メインの学問は「儒学」でした。 特に儒学の一…

お金?教育?伝説の聖徳太子がおこなったこと…ヤバい金持ちの正体とは

聖徳太子は何をした人? 日本で最初に、意図的な教育を行ったのは聖徳太子と言われています。 聖徳太子といえば「十七条憲法」を著し、仏教の思想や政治的な論理を説きました。 そんな聖徳太子には謎がいっぱいあります。例えば、馬小屋で生まれたとか一度に…

海外の英才教育~セサミストリート、モンテッソーリ教育とレッジョエミリアの意味と違いは?

幼児期の英才教育や早期能力開発は必要なのでしょうか? 海外を見ると1950年代までは、子どもは家庭で母親が育てるべきとの考えが広く浸透していました。そのため今のような就学前の施設などは殆どありませんでした。 これはアメリカの心理学者、アーノルド…

世界のおすすめ学習法~子供のやる気スイッチを押すために読みたい本とは

子どもを育てるために、多くの親はお金と労力を惜しみません。 しかし、子どもの学習法は教師や塾任せ、あとは子ども次第という方も少なくありません。 賢く考え、知的に動ける子どもを育てるには、まず親が「効果の高い学習法」を知る必要があります。 今回…

教育家の名言集とは?子育てに役立つ、悩みや困りごと解決法

「教育の最大の秘訣は、教育しないこと」と説いたのは、スウェーデンの社会思想家であるエレン・ケイです。世界の保育・教育には思想家や哲学者、牧師などの「伝説の教師」の知恵が数多く活かされています。今回は日常生活にも役立つ、世界の教育家の功績と…

海外比較!幼児(保育)教育の無償化と日本の5つの問題とは

幼児教育・保育の無償化とは 2019年10月の消費税アップと同時にスタートしたのが「幼児教育・保育無償化」です。無償化によって子育て世代の負担が軽減されることが期待されています。 一方、無償化によって保育士不足が進んだりと様々な問題点も浮上してい…

おすすめ【保育格差】通わせるなら保育園、幼稚園、認定保育園どれが良いの?

就学前の子供が通う施設には、保育園、幼稚園、認定こども園があります。 もちろん仕事のあるママにとって選択肢は限られてきますが、それぞれのメリットやデメリットは保育格差の問題とも関連して気になるのではないでしょうか。 この記事では知っておくと…