介護福祉オンライン

高齢者・障がい者、子育ての現場から、介護福祉の楽しさや難しさ、問題点などを伝えるWebマガジンです。

障害者の居宅介護とは?利用方法や特徴、サービス内容をわかりやすく

f:id:mamoruyo:20201207190347j:plain



 

 

こんにちは。現在、障害者の居宅介護の支援に携わっています。

 

今回は障がいのある方の居宅介護についてまとめてみました。

 

居宅介護というと、訪問介護を連想する方が多いかもしれませんが、その利用者やサービスの仕組みは異なります。

 

居宅介護とは、障害のある方へのサービスです。

 

例えば居宅介護のひとつに「重度訪問介護」があります。

 

名称だけだと、症状の重い高齢者をイメージするかもしれませんが、こちらは障がいのある方の家庭で行うサービスです。

 

 

相談支援専門員とケアマネジャーの違い

 

障害福祉サービスでケアプランを主に作成するのは「相談支援専門員」です。

 

ちなみに介護でケアプランを作成するのはケアマネジャーです。ケアマネジャーの正式名称は「介護支援専門員」です。

 

「相談」と「介護」・・・。お分かりのように支援専門員の前につく名称が異なります。

 どちらもケアプランを作成する存在ですが、内容はやはり違います。

 

それぞれの現場で働いてきた僕の肌感覚としては、両方のサービスプランを作成できる支援専門員は少ないように思います。

 

というのも、介護畑の方は介護福祉士を取得後、ケアマネジャーを取得するケースが多く、障害の現場を知っている方は少ないように思います。もちろんその逆もあります。

 

認知症などの高齢者を対象とする介護と、筋ジストロフィーや自閉症などの介護は当然ですが異なります。

 

例えば発達障害、知的障害、精神障害のある方をケアするには、それぞれの特性に合わせた知識や経験、ネットワークの構築が必要になります。

 

初任者研修などの介護資格教育では、障害者のケアに関する時間はあまり取られていないように思います。

 

そのため障害の仕事はわからないから、と敬遠してしまう方も多いようです。

 

 

居宅介護(ホームヘルプ)とは

 

いわゆる居宅介護とは障害者を対象にしたものです。こちらは「障害者総合支援法」に基づく障害福祉サービスの一つです。

 

 

 

居宅介護とは、障害の有無に関わりなく基本的人権を享有する個人として、日常生活や社会生活を営めるよう、障害者の在宅生活を支援する訪問系の最も基本的な介護サービス(指定居宅介護)です。

 

 

 

「居宅介護」は障害者の地域での在宅生活を支援する最も基本的なサービスです。具体的な内容は次のようなものです。

 

  • ケアラー(ヘルパー)が障害のある方の家庭を訪問する。
  • 利用者の入浴・排せつ・食事などの介護を行う。
  • 調理や洗濯及び掃除等の家事なども支援する。
  • 生活等に関する相談及び助言その他生活全般に渡る援助を行う。

 

高齢者への訪問介護とそれほど違いはないかもしれませんが、サービスのプランニング、時間や単価は違ってきます。

 

居宅介護を利用できるのは、18歳以上の身体障害・知的障害・精神障害があり、障害支援区分が1以上と認定された方、及び18歳未満のこれに相当する障害児です。

 

身体障害の利用者さんには、筋ジストロフィーや脊髄損傷などの方もいます。個人的には、知的障害や精神障害のある方が増えているように感じます。

 

居宅介護は、指定難病や特殊疾病、事故・ケガ等によって肢体障害や視覚障害のある方も利用できます。ただし障害支援区分の認定が必要です。

 

 

障害者支援区分で覚えておきたいこと

 


65歳以上の障がいのある方が、要支援や要介護になった場合は、「原則」として介護保険が優先となります。

 

例えば、これまで障害福祉サービスを受けていた人が65歳になり、介護保険に切り替わると、これまでのサービスが受けられなくなったというトラブルもあります。

 

しかしきちんとした手続きをとれば、障害福祉サービスも併用して利用できます。情報を知らずに65歳になったから介護サービスしか受けられないと諦めてしまっている利用者やご家族も少なくないかもしれません。

 
覚えておいてほしいのは、介護保険に相当するものがない「障害福祉サービス固有のもの」は行政サイドに認められればサービスを利用できます。
 
例えば、同行援護、行動援護、重度訪問介護、自立訓練(生活訓練)、就労継続支援などについては状況に応じて利用することができます。
 
僕の利用者さんにも介護保険と障害者福祉サービスを上手に活用されている方がいます。
 
問題なのは、介護のケアプランを作成するケアマネジャーと障害者のプランを作成する相談支援専門員の両方の知識のある方、もしくは二人の相談支援員の協力が必要になるため手続きが面倒くさくなるという点かもしれません。
 
もちろん両方の資格を有する方もいますし、どちらかに相談すれば適切な対応をしてくれると思いますので、ぜひ諦めずに聞いてみてください。

 

 

www.osp.tokyo

 

 

居宅介護以外にも自宅での生活を支援するサービスは他にもあります。ここでは簡単に紹介します。

 

 

重度訪問介護

 

 

重度訪問介護とは、重度の肢体不自由(身体障害)または知的・精神障害によって、常に介護や見守りが必要とされる人が受けられる障害福祉サービスです。

 

介護保険法の訪問介護とは異なる枠組みのものです。原則として重度訪問介護と介護保険の身体介護・家事援助の併用はできません。

 

例えば「買い物」をする場合、介護保険の訪問介護を利用すれば、日常的な必需品などはヘルパーが同行することや代行は認められています。

 

しかし、障害者総合支援法での「居宅介護」では買い物に同行する支援は認められていません。買い物は代行サービスが基本となります。


ただし、障害者の移動に関する支援は「同行援護」や「行動援護」、もしくは「移動支援」などがありますので、こちらを活用して支援するケースが多いです。

 

 

重度障害者等包括支援

 

介護の必要性が非常に高い方に対して、居宅介護など の障害福祉サービスを包括的に組み合わせて支援を行 います。

 

常に介護を必要とする方のなかでも、特に介護の必要度が高い方が対象となります。

 

居宅介護や重度訪問介護をはじめ、同行援護、行動援護、生活介護、短期入所などを組み合わせてサービスを提供します。

 

利用者へのサービスを手厚くすることで、たとえ最重度の障害のある方でも安心して地域での生活が続けられるよう支援していきます。

 

 

 ヘルパーの仕事は同じ

 

現場感でいえば、高齢者を対象とした「訪問介護」も障害者を対象とした「居宅介護」もヘルパーが自宅に訪問してサービスを行うことに変わりありません。

 

しかし法的根拠が異なると、給付体系等に違いが出てきます。

 

 

現場で働く人も細かく理解しているわけではありませんが、全体的なサービスを考えた場合は知っておくと得する情報もあります。

 

僕も随時、報告していきたいと思います。

本日もありがとうございました。