介護福祉 On-line

介護福祉の課題を解決するブログです

幸和製作所(介護用品メーカー)のWikiや社歴は?代表者やM&A特定!シニアの未来を作るプロジェクトとは?

f:id:mamoruyo:20190827174259j:plain

 

 こんにちは、サトシです。

 

介護をベースにしたM&A、

合併・買収が増えています。

 

M&Aには、

介護サービス会社だけではなく、

関連機材やシステムなどを扱う企業も

乗り出しています。

 

そのひとつが、大阪に本社を構える

福祉用具・介護用品メーカーの

幸和製作所です。

 

いったいどういう会社なのか

情報や社歴を見てみようと思います。

 

目次 

 

 

1.幸和製作所のwikipedia風プロフィール

 

幸和製作所さんのプロフィールをwikipedia風に見てみましょう。

 

f:id:mamoruyo:20190827175049j:plain 

 

 

  • 名前:株式会社 幸和製作所
  • 年齢:創 業 1965年
  • 代表者 :玉田秀明
  • 従業員数 :(単体)120名
  • 平均年齢: (国内)40.1歳 
  • 事業内容: 歩行車・歩行補助カート、シルバーカー、手すり、杖、入浴用品、排泄用品等

 

平均年齢もそうですが、

社長さんも若いイメージです。

調べてみると2代目ということでした。

 

 

2.シルバーカーでトップシェア

 

幸和製作所は、高齢者の歩行を助ける、シルバーカーでトップシェアを誇っています。

 

2代目社長は、先代から跡を継ぐことを当たり前のように言われ、高校卒業後に入社したそうです。

 

なんと5歳の時から

シルバーカーづくりをやっていたとか。

 

 

しかし社長になると、先代のようなカリスマ性がない自分に何ができるのか。

悩み苦しんだ時期もあったようです。

 

 しかし2018年には株式上場も果たし、

海外市場にも攻勢をかけています。

 

 

www.osp.tokyo

 

3.幸和製作所のM&Aは?

 

上場してからは、

活発な動きを見せる幸和製作所。

 

2月にはデイサービスの「パムックとあっぷる」を子会社化し、7月には東京本社のケアサービスが「居宅介護のひだまり」を子会社化するなど、M&Aが活発化しています。

 

しかし上場するまでは

かなり大変だったよう。

 

アベノミクスで円安が急激に進んだときは、海外工場で製品をつくって仕入れているので原価が倍近くに跳ね上がったとか。

 

そこから2期連続で赤字決算で、社長も生きてるのがしんどかったそうです。

 

安定しているように感じる、

介護事業ですが、

ビジネスはやはり命がけです。

 

f:id:mamoruyo:20190827182051j:plain

 

4.幸和製作所の将来性は?

 

今後の方向性については、海外販売の強化などさまざまな戦略があるようです。

 

ただ今回、筆者が幸和製作所を取り上げた大きな理由にシニア男性をターゲットにしていることが挙げられます。

 

人間は転ぶと本当に弱るのが早いです。

そのため歩行補助具の「シルバーカー」のニーズはますます高まると思います。

 

しかし男性は、女性に比べて体裁を気にしてシルバーカーを使いたがりません。

 

幸和製作所では、そのハードルを下げることを目指しています。使っていてステータスを感じられるような商品開発しているようです。

 

f:id:mamoruyo:20190827183140j:plain

 

実は韓国では、日本の介護保険制度に相当する制度が既に導入されておりシルバーカーもその保険対象となっています。

 

幸和製作所では、2019年の夏。

韓国からの大口受注の出荷も完了したのでアジア進出も加速しそうです。

 

 

5.幸和製作所について終わりに

 

介護業界ではM&Aが活発化しています。その先鋒として大きな動きを見せているのが大阪に本社のある、福祉用具・介護用品メーカーの幸和製作所です。

 

一体どんな会社かと調べてみると、

社長は2代目で、5歳の頃からシルバーカーを作っていたという、生粋の介護用品の申し子でもありました。

 

リサーチすると、かなり使命感を持って介護業界に命を懸けているような印象を持ちました。

 

今後、福祉用具・介護用品は

日本だけでなく、アジア市場にも

必ず拡大していきます。

 

そういった切り口で、先手を打つ幸和製作所の戦略は期待できます。

 

今後、ますます目が離せない

企業となるでしょう!