介護福祉オンライン

高齢者・障がい者、子育ての現場から、介護福祉の楽しさや難しさ、問題点などを伝えるWebマガジンです。

介護も注意「気象病」とは?耳、うつ、頭痛との関連性~セルフチェックとコーヒー対策

f:id:mamoruyo:20200915123204j:plain

 

デオシーク

 

最近、よく耳にするのが「気象病(きしょうびょう)」という症状です。

 

雨の多い日や季節の変わり目、台風などの時に頭痛やめまい、吐き気や不安感などの症状が出る方は、気象病の可能性があります。

 

気象病は一般的な病名ではなく、症候群という括りになります。

 

この記事では、介護や障がいにも影響する気象病について解説していきます。

 

気象病の原因は耳~介護や障がい者も注意

 

気象病の原因は、耳が大きく影響していると考えられています。

 

低気圧などで気圧変動が大きいと、内耳にある気圧センサーが変動を感知して、自律神経が乱れます。

 

とくに内耳にある聴覚器や三半規管は気圧差の影響を受けやすく、耳鳴りや耳閉感、めまいが誘発される要因にもなります。

 

飛行機やエレベーターで急上昇した時に感じる違和感と似ています。

 

気圧の変化は一般の人でも影響を受けますが、その影響が大きく、日常生活に支障が出る場合は気象病の可能性があります。

 

介護や障害の現場では、利用者さんの変化を感じることが重要です。

 

 

頭痛、うつ…低気圧女子とは

 

気象病の具体的な症状には、めまいや吐き気、頭痛、肩こり、首こりがあります。

 

雨の降る前に頭痛がしたり、季節の変わり目にめまいを感じる人も少なくありません。

 

気圧の変化は女性の方が感じやすいといわれています。


症状が悪化すると布団から起き上がれなくなったり、関節痛、手足のしびれもあります。

 

ドキドキと動悸がしたり、気持ちが落ち着かなくなり、不安になったり、気管支ぜんそくなどのアレルギー症状がでたりと様々な症状がでることもあります。

 

急激に気温や気圧が下がると自律神経系が対応できず、気分の落ち込みや、うつ傾向になることもあります。

 

こうした気圧の変化に心身を振り回される女性のことを、最近では「低気圧女子」と読んだりしています。

 

 

 

NOISU(ノイス)

 

 

気象病の予防に!セルフチェック

 

 

気象病であるかどうか、簡単にチェックする方法があります。

 

以下は、慶応大学の舟久保恵美非常勤講師が作成した「天気の変化による痛みチェックリスト」です。

 

このリストで当てはまる項目が多い場合、気象病である可能性があるそうです。

 

①天気が変化する時に体調が悪くなる
②雨が降る前や、天気が変わる前になんとなくわかる
③乗り物酔いしやすい
④日頃ストレスを感じている
⑤季節の変わり目など気温差が大きい時に体調が悪い

 

 

気象病の対策としては、耳回りの血流を良くするのも効果があるそうです。

 

血流が悪いと内耳のリンパ液も一緒に滞ります。

 

そのため、めまいや頭痛などの症状を引き起こしやすいのです。

 

 

 

①耳を軽くつまみ、上・下・横に5秒ずつ引っ張る
②そのまま軽く引っ張りながら、後ろに向かってゆっ くり5回まわす
③耳を包むように折り曲げ5秒キープ
④耳全体を掌で覆って、ゆっくり円描くように後ろに向かって5回まわす
※朝・昼・晩、1日3回行うのが目安

 

 

マッサージによって、耳回りの血流を良くしていきます。

 

 

 コーヒーは気象病に効果ある?

 

 気象病の予防は自律神経を整えることにあります。

 

規則正しい食事、睡眠時間の確保をして生活リズムを整えることが大切です。

 

最近では薬も出ていますので、体調に合わせて利用するのもひとつの方法かもしれません。

 

有名どころだと以下ですね。

 

 

 

 

 

気分を落ち着かせるためにコーヒーを飲む方もいます。

 

ただ自律神経失調症の人はコーヒーなどのカフェインを摂取すると、症状がひどくなるケースもあります。

 

寝る前にはコーヒーやお茶、アルコールは避けた方が無難かもしれませんね。

 

介護や障がいで不穏傾向にある方がいる場合は気を付けましょう。

 

本日もありがとうございました。

サトシ(@satoshi_Jp0415でした。

 

 

 <参考>

 

一般財団法人 京浜保健衛生協会

 

 

デオシーク ボディソープ