介護福祉オンライン

高齢者・障がい者、子育ての現場から、介護福祉の楽しさや難しさ、問題点などを伝えるWebマガジンです。

おしっこの異常~我慢できずに失禁する排尿障害の症状と対策とは?

f:id:mamoruyo:20210626164929j:plain

 

 

おしっこの異常には、いろいろなタイプがあります。とくに高齢者の「あ〜やっちゃった」系は、笑いごとではすまないケースも多いです。たとえば切迫性尿失禁。これは「我慢できないでもれてしまう失禁」です。

 

「(おばあちゃん、はやく言ってくれればよかったのに~)」とグチりたいときもありますが、不随意の膀胱収縮(膀胱が勝手に収縮する症状)をともなうこともあるので、健康状態をしっかりと観察することが必要です。

 

おしっこの異常にはどんな症状があるのか?

この記事では、尿意を感じても我慢できずに失禁してしまう「排尿障害」について、簡単にまとめてみました。

 

 

 

切迫性尿失禁の特徴と症状

 

切迫性尿失禁の方は、おさえきれない尿意が起こり、我慢できずに尿が漏れてしまう状態です。頻尿をともなうためトイレの回数も多いです。

 

対処法としては薬が効果的です。かかりつけ医などに相談しましょう。頻尿の場合は、膀胱が小さくなっている可能性が高いです。そのため、膀胱を広げるトレーニングを行うことも対策のひとつです。

 

尿意は波のように寄せたり引いたりしながら強くなります。こうした尿意の波を意識して、ガマンしながら急がずにトイレに行くようにしましょう。毎日繰り返すことで、膀胱におしっこをためられるようになっていきます。

 

腹圧性尿失禁の特徴と対策

 

腹圧性尿失禁は、お腹に力が入ることで尿が漏れてしまう尿失禁をいいます。たとえば、おなかに「ぐっ」と圧力がかかったり、くしゃみなど腹部に力が入ると漏れてしまう失禁です。

 

重い荷物を持ったり運動しているときに腹部に強く圧力がかかり、尿漏れすることもあります。出産経験のある高齢の女性に多いのが特徴です。

 

腹圧性尿失禁は女性の尿失禁の中で最も多いといわれています。ですから、あまり気にしすぎることはありません。

 

ただし切迫性の尿失禁を合併する場合もあるので、油断大敵です。検査では、排尿日記を数時間記録して、尿失禁の回数や量、排尿状態を把握して評価します。

 

骨盤底筋群を鍛える体操は、腹圧性尿失禁の改善に効果があるといわれています。こちらは介護老人福祉施設などでもよく行われていますよね。

 

溢流性尿失禁の特徴と症状

 

溢流性尿失禁は、尿のコントロールがうまくできず、自分の意に反して少しづつ尿が漏れてしまう状態です。

 

「自分の意思とは関係なくダラダラと尿が漏れる」こともあります。そのため、尿漏れによる下着の汚れや匂いで、周囲に不快感を与えるケースがありますので注意が必要です。

 

症状としては、ほかにも「排尿まで時間がかかる」「尿意があるのかわからない」「残尿感がある」などがあります。これは高齢になると誰もが経験することかもしれませんね。

 

この状態を放置しているのは危険です。たとえば膀胱にたまっている尿に細菌が繁殖して腎臓に達して、腎盂腎炎を引き起こすこともあるからです。

 

最悪の場合は重篤な症状を引き起こしたりすることもあるので気をつけましょう。

 

 

反射性尿失禁の症状と対策

 

反射性尿失禁は、中枢神経の障害や脊髄損傷で見られる尿失禁です。尿意を感じることができないため、尿がたまると自分の意思とは関係なく尿が漏れてしまいます。

 

下肢の麻痺など脊髄の障害で起こることが多く、膀胱に尿がたまると反射的におしっこがでます。

 

対処法としては、ストレッチで膀胱の筋肉をほぐすなどがあります。症状が軽い場合の対策には効果的です。ただし脊髄に異常がある方は、脊髄の機能を回復させる手術を受けることをおすすめします。

 

肝臓が悪化している時は、肝臓を切除したり抗生物質を投与することで症状を緩和させる事ができるようです。肝臓の障害がなくなると失禁だけでなく、尿の異常も治すことができるといわれています。

 

 

 

 

完全尿失禁の特徴

 

完全尿失禁は膀胱に尿をためることができず、常に尿が漏れている状態です。外傷や、がんが原因となることが多いです。

 

完全尿失禁が疑われる場合は、すみやかに専門医に相談しましょう。

 

 

機能性尿失禁の特徴と対策

 

機能性尿失禁は、下肢の筋力低下が原因で起こります。下肢の筋力が低下している場合、トイレにたどり着くまでに時間がかかってしまうことが多いです。

 

老人ホームなどを利用している場合、利用者さんがトイレに行く前に失禁してしまうと恥かしい気分にさせてしまいます。だからといって居室で排泄介助に切り替えると、歩かなくなるため筋力はますます低下します。

 

自宅で介護をしている場合は、早めにトイレ誘導を行うことが適切です。トイレまで間に合わないという場合は、トイレで排泄出来る方法を考えます。

 

例えば生活する場所をトイレの近くに作る、トイレや廊下に手すりをつける、着脱しやすい衣服にするなどです。トイレ内の環境を整備することもよいのですが、直接的な改善策としてはあまり効果がありません。

 

機能性尿失禁は運動機能の低下のほかにも、認知症などが原因となります。失禁を未然に防ぐために、排泄周期をチェックして時間を見ながら定期的にトイレの声かけをする方法も効果的です。

 

まとめ

 

高齢になると、おしっこの異常は誰にでも起こる気がします。逆にいえば、おしっこは健康状態をみるバロメーターともいえます。

 

健康な生活は健康な排尿にあり。

しっかりと対策をしながら、元気な毎日を過ごしたいですね。

本日もありがとうございました。